【体験談】退職前に要チェック!失業保険の受給条件、もらえる金額、受給日数について

雇用保険

私は過去に失業保険を受給していました。

退職前から失業保険のことは知っていましたが、退職後、いざ受給しようと思ったときに初めて知ったことも多く、退職前に知っていたほうが良かったと思う点もたくさんありました。

今回は、退職を検討している方や、退職後間もない方に知っておいてもらいたいことをお話したいと思います。

失業保険の受給条件

1.「失業の状態」にあること

「いや、当たり前でしょ」と思われたかもしれませんが、ここでいう「失業の状態」とは、以下の3点のすべてが該当する状態をいいます。

・積極的に就職しようとする意思があること

・いつでも就職できる能力(健康上、環境上)があること

・積極的に就職活動を行っているにもかかわらず、職業に就くことができないこと

これが、ハローワークが失業と認定する条件です。

したがって、次のような状態にあるときは、失業保険を受給することができません。

・病気やけがのため、すぐには就職できないとき

・妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき

・定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき

・結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

この他にも、失業保険を受給することができない状態としては、学業に専念するとき、すでに自営を始めているとき、または、自営の準備に専念しているとき等が挙げられます。

ただ、自営を開始したケースでは、条件によっては「再就職手当」の受給対象となります。

私は3度目の失業後、就職活動をしている途中で一念発起し起業しました。

その際に、再就職手当の受給条件に合致し、再就職手当をもらっていますので、その話をまた別の機会にお話したいと思っています。

それでは、話を戻しましょう。

2.雇用保険の加入期間が通算して12か月以上あること

退職した日以前の2年間に、雇用保険の加入期間が12か月以上なければいけません。

過去2年間で12か月なので、直近で退職した会社での勤務期間が仮に6か月だったとしても、それ以前に働いていた会社での勤務期間を合算することで12か月以上あるのであれば、条件を満たしていることになります。

働き始めたばかりで、まだ12か月も経っていないような方は、今退職しても失業保険を受給できないので注意してください。

そんな甘い話はないです(笑)

ただ、倒産や解雇等により離職した人(特定受給資格者・特定理由離職者)については、雇用保険の加入期間が6か月以上あれば受給条件を満たします。

失業保険でもらえる金額

雇用保険で受給できる1日当たりの金額を「基本手当日額」といいます。

基本手当日額は、退職前の6か月間に支払われた給料の合計額を180で割った金額のおよそ50%から80%で、賃金の低かった人に高い率となるように定められています。

基本手当日額を計算する際には、まず退職前6か月間の給料を合計しますが、これは社会保険等が控除される前の額面金額で計算します。

また、残業代や手当は含めますが、賞与など臨時でもらうものは含めません。

 

そして、基本手当日額は、年齢によって最高額が設定されています。

年齢上限額
29歳以下6,395円
30歳~44歳7,105円
45歳~59歳7,810円
60歳~64歳6,714円

ご自身の給料を入力すると、貰える失業保険の金額を自動計算してくれるサイトもありますので、一度確認してみるといいと思います。

3.失業保険を受給できる日数

失業保険を受給できる最大限の日数は、退職理由・雇用保険の加入期間・年齢等により異なります。

自己都合・定年・契約期間の満了などによる退職の場合

この場合、雇用保険の加入期間のみで受給日数が決まります。

雇用保険の加入期間
10年未満10年以上20年未満20年以上
90日120日150日

また、自己都合で退職した場合は、退職後約3か月は失業保険が支給されない「給付制限」がありますので、注意が必要です。

倒産・解雇などによる退職の場合

この場合、雇用保険の加入期間に加え、退職時の年齢によっても受給日数が変わってきます。

退職時の年齢雇用保険の加入期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
30歳未満90日90日120日180日
30歳以上
35歳未満
180日210日240日
35歳以上
45歳未満
240日270日
45歳以上
60歳未満
180日240日270日330日
60歳以上
65歳未満
150日180日210日240日

表を見てもわかるように、自己都合等の場合と比べて受給日数が多いです。

ただ注意が必要なのは、失業保険を受給できる期間です。

失業保険を受給できる期間は、原則として退職した日の翌日から1年間です。

この受給期間を過ぎてしまうと、たとえ受給日数が残っていたとしても、それ以降受給することができません。

退職したら、失業保険の受給手続は早めにするようにしましょう。

まとめ

今回は、退職後に失業保険を受給したいと考えている方、退職直後の方に向けて、ぜひ知っておいて貰いたい「失業保険の受給条件、もらえる金額、受給日数」についてお話しました。

私自身、失業保険を受給していた経験から感じたことなのですが、受給金額や受給日数などは、年齢・退職理由等によって条件にかなり差があります。

これから失業保険を受給される方は、今一度ご自身の状況を確認して、そもそも受給条件に当てはまっているのか、もらえる金額はいくらなのか等、チェックしていただければと思います。

 

コメント