【シーン別】現在連載中のオススメサッカーマンガ

エンタメ

 

こんにちは。

 

今回は大好きなスポーツマンガの中から、サッカーに限定し、

プロアマユース高校と、

シーン別に現在連載中のオススメマンガをまとめてみました。

 

サッカー経験者じゃなくても熱くなれる!

そんなオススメマンガばかりです♪

 

プロ:GIANT KILLING

 

「サッカーを、試合を面白くするのは監督だ!」

達海猛(たつみ・たけし)35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)】の監督に就任し、独特の戦略とカリスマ性で、負け癖のついた選手、スタッフ、そしてサポーターたちを導く・・・

 

プロサッカーからは、モーニングで連載中の『GIANT KILLING』

この作品の特徴は、サッカーの監督であるタツミを主役にしていること。

監督目線のチーム運営やゲーム運びなど新鮮で、選手のモチベーション管理なんかは実際の社会生活で活かせるかも!笑

選手、スタッフ、そしてサポーターたちも巻き込んでの、ETUのジャイアントキリングは必見です。

 

アマ:フットボールネーション

 

 

「脚のきれいな選手求む!」

不思議な選手応募要項を掲げるのは、アマチーム「東京クルセイド」。

“フォトジェニックは一流選手の証”が信条のサッカー雑誌カメラマン・緒方は、東京クルセイドの取材で、高校生でフル代表入りした一ノ瀬 迅と同じくらいフォトジェニックな選手、沖 千尋と出会う。

フォトジェニックな選手とは、もも裏の筋肉を使える選手!? 

これまでの日本サッカーの常識を覆すべく、アマチームが天皇杯優勝を目指す。

 

アマチュアサッカーからは、モーニングで連載中の『フットボールネーション』

この作品は、スポーツをやる人には是非見てほしい。体や筋肉の使い方など、めっちゃ勉強になります。

ちょっとマニアックかもしれませんが、理論的に体の使い方を覚え、サッカーが上手くなるのは読んでいてとても新鮮です。

アマチームの快進撃はどこまで続くのか!?

 

ユース:アオアシ

 

愛媛の中学三年生・青井葦人(あおいアシト)は、粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めていたが、まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――そんなとき、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)が現れる。アシトの可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧める!

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!

 

ユースからは、ビッグコミックスピリッツで連載中の『アオアシ』

これまであまり取り上げられたことがないJリーグクラブの育成組織である、Jユースを題材にした作品です。

 

驚異的な俯瞰能力を持つアシト。

それまでとはレベルの違う環境で様々な困難に直面しながらも、支えてくれる仲間、応援してくれる兄、そして母のために・・・。決して心折れること無く、その『才能』を開花させていきます。

 

高校:BE BLUES! 〜青になれ〜

 

サッカー少年・龍の幼いころからの目標は・・・日本代表! 小学生の頃、龍は親友の優人を事故からかばって重傷を負ってしまうが、過酷なリハビリを乗り越え2年後には驚異的に復帰。けがの影響がないわけではないが、持ち前のサッカーセンスと気迫で、大浦東中サッカー部で大活躍する。

両親が仕事の都合でインドネシアへ移住し、龍は青梅家でくらしながら高校に通うことに。埼玉県屈指のサッカー強豪校・武蒼高校サッカー部で、龍と優人はレギュラーを目指すべく大奮闘する。そんな折、サッカー部の黒部監督が家庭の都合で辞職し、新しい監督として抜擢されたのは、かねてより龍たちをよく知る元旧ユーゴ代表監督のミルコ! 新たなチームで選手権を目指すこととなった武蒼は・・・!?

本格サッカーストーリー・熱血高校生編!!

 

高校サッカーからは、少年サンデーで連載中の『BE BLUES! 〜青になれ〜』

小学生時代から始まりますが、メインは高校サッカー。

日本代表になるという目標に向け、様々な計画(プラン)を達成していく龍の姿に熱くなります。

「決めるべき時に、決める」! 

それが、一条 龍だ!!

 

最後に・・・

 

いかがでしたか。

俺のオススメはこれじゃねー!

って方もいらっしゃると思いますが、主観的に選ばせていただいたので、ごめんなさい。

僕のオススメサッカーマンガを読んでいただき、「熱くなった!」と、共感していただける人がいればとても嬉しいです。

コメント