心が震える!オススメ音楽マンガ

エンタメ

こんにちは。

 

今回は、読むと心が震えちゃう!

オススメ音楽マンガ5選を紹介します。

 

のだめカンタービレ

 

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

 

まずは『のだめ』。

これはご存知の方が多いですよね。ドラマや映画にもなった作品です。

 

不思議少女・のだめの奇想天外な行動はとても笑えますが、ひとたびピアノを引き出すと音が遊びだします♪

音大の先輩で指揮者を目指す千秋真一との競演を夢見て、沢山の人と出会いのだめが成長していく姿は見物です。

クラシックなのに読みやすいので、ぜひ多くの人に読んでいただきたい作品です。

個人的には、のだめと真澄ちゃん(ティンパニーのモジャモジャ)のからみが大好きです。

 

四月は君の嘘

 

「あの日、僕はピアノが弾けなくなった‥‥」仄暗い青春を過ごす元・天才少年、有馬公生。夢も恋もない世界に佇む、彼に差し伸べられた手は名も知れぬ少女のものだった!! 少女の名は宮園かをり。性格最低・暴力上等の彼女はしかし、まぎれもなく最高のヴァイオリニストだった!公生は、かつて住んでいた音楽の世界に、強引に引きずり戻される。カラフルに色づく、音楽の世界に! 完結後の今もなお、各界からの絶賛の声が鳴り止まない音楽コミックの金字塔!「音が聴こえる」その描写から、目が離せない!

 

有馬公生と宮園かをりの競演には圧巻です。

「終わってほしくない・・・」、そう感じさせてくれるシーンにたくさん出会えます。

 

登場人物みんなが何かしら悩みを抱えてて、感情移入できる人物が誰かしらいるはず・・・。

最後は泣きながら笑顔にしてくれる作品です。

 

ピアノの森

 

森に捨てられたピアノ……そのピアノをオモチャがわりにして育った少年・一ノ瀬海(カイ)は、かつて天才の名をほしいままにしながら事故によってピアニスト生命を断たれ小学校の音楽教師になっていた阿字野壮介や、偉大な父を持ち自らもプロを目指す転校生・雨宮修平らとの出逢いから次第にピアノに魅かれていく……!!

その森にはボロボロに壊れ、音も出なくなったピアノが捨ててあった。度胸試しにも使われる通称「オバケピアノ」は、夜になるとポロ~ンとひとりでに鳴るという。その「オバケ」の正体……音が出ないはずのそのピアノを鳴らせる、ただ一人の少年……その名は、一ノ瀬海!!

 

この作品は、主人公の一ノ瀬海が小学生からピアニスト(17歳)になるまでを描いた作品です。ですので、全26巻とけっこう長いです。笑

幼少期は自由奔放な演奏、青年期は表現力豊かな演奏とカイの成長を感じることができるんですが、演奏シーンはいつ読んでも、ほんとに音が聞こえてくるかのよう・・・

 

ましろのおと

 

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!! 少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。テーマは『津軽三味線』。「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。貴方の音もきっと見つかる。

 

主人公の沢村雪(せつ)は、三味線の師であった祖父・松吾郎が亡くなった事で、自分の音を探すため単身上京します。三味線しか興味は無く、他人と関わりを持とうとしなかった雪ですが、多くの人と出会い、少しずつ変わっていきます。それと共に雪の演奏も少しずつ変わっていく・・・。

この作品に出てくる津軽三味線の演奏シーンはど迫力です!!

「ハッ」という間の手に「ゾクッ」とします。笑

他の音楽マンガにはない、興奮を味わえるはず。

 

BECK

 

平凡な毎日に不満を持っていた主人公の少年・田中幸雄(通称:コユキ)は、南竜介との偶然の出会いによって、音楽の世界に入り込むことになる。

南竜介・田中幸雄を中心に、バンド:BECK(ベック)・英語名:Mongolian Chop Squad(モンゴリアン・チョップ・スクワッド、M.C.S)が結成され、失敗・挫折を繰り返しながらも、音楽への信念を原動力に一歩ずつ前進してゆく様を描く。

 

主人公のコユキは、平凡で優しいどこまでもごく普通の中学生だが、ボーカリストとしての才能は世界の著名なミュージシャンも一聴でうならせる才能の持ち主。そんなコユキのライブシーンは鳥肌ものです。

また、BECKのメンバーも魅力的なヤツばかりで、絶対に「こいつらかっけぇ!」ってなります。笑

BECKが幾多の困難を乗り越えて次々と奇跡を起こしていく姿をぜひ・・・。

最後に

今回は大好きな音楽マンガを紹介させていただきました。

どのマンガも、演奏シーンを読むと毎回背中が『ゾクッ』とします。笑

皆さんにも『ゾクッ』を感じていただけると嬉しいです。

 

コメント