完全独立型フルワイヤレスイヤホン_ERATO MUSE5使ってみたのでレビュー

良かったらシェアをお願いします!

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

今回は、完全独立型フルワイヤレス(Bluetooth)イヤホンのERATO MUSE5について、使い心地等、詳細をレビューしたいと思います!

ERATO MUSE5 の使い方~ペアリング方法も簡単♪~

MUSE5は”Bluetooth”を使い、スマートフォンとのペアリングを行います。

購入時に家電量販店で事前にペアリングを試させてもらったんですが、この時は他の製品(他のイヤホンやカメラ等)の電波を拾ってしまい、うまくペアリングができませんでした。

しかし、自宅では簡単にぺアリングすることができました。問題なし。笑

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

充電が少なくなると、起動はするけどペアリングしてくれないということがありましたが、普段使っている印象では特に不自由はないですね。

ペアリングした後はスマホで曲や動画を再生するだけです。

充電についてはフル充電で4時間再生でき、専用ケースで2回の充電ができる仕様なのですが、私の生活スタイルでは充電不足で使えなくなったことはないです。

移動中の使用が基本となる方であれば充電に関しては問題ないかと思います。

ERATO MUSE5 の使い勝手はどう?~説明書はしっかり確認~

まず購入して一番手こずったのはイヤホンの装着です。

耳にフィットするようFITSEALイヤースリーブという複雑な形の部品が付いているのですが、形のせいか装着するのが少し難しいです。

初めは、「やばい、耳に合わないんじゃないか?」と焦ったほど。笑

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

説明書に記載されていますが、「ERATO」の文字を縦にした状態で装着して90度回すと上手く装着できます!

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

これは慣れるしかないですが、慣れればそこまで気にならなくなります。

そのおかげで遮音性は抜群です!

説明書は15ヵ国語で記載されており(多っ!)、日本語のページは手帳より少し小さいサイズで5ページほど。

使う前に一度確認すれば十分な内容かと思います。

ERATO MUSE5 は着け心地も遮音性もグッド!

今回、フルワイヤレスイヤホンを購入した目的の1つが、「ジムで運動する際に使いたい」ということだったんですが、かなり満足して使っています。

特に、ジムでランニングマシンを利用しているときは、目の前のモニタ部分にiPhoneを置いて、映画を見ながら走っています。これはランニングマシンの仕様でiPhoneを置けるスペースがないと不可能ですが、運よく私がよく行くジムではこれが可能です。

しかし、フィットネスバイクでは置けるスペースがないので使えないんですよね・・・残念。

また、筋トレの機械を使用しているときはもちろん使えないので、これらの場合は音楽に切り替えて楽しんでいます。

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

走っている際などに耳から外れないかが心配でしたが、きちんと装着できていれば外れることはないですね。結構ハードな走りをしても外れませんでした。

耳にフィットしているので、遮音性・音漏れも問題ないと感じています。

ERATO MUSE5 は音質もクリア

世界初「3Dサラウンドワイヤレスイヤホン」ですからね、そりゃ音質は良いと思います。笑

といっても「ワイヤレスイヤホンの中では」というのが正直なところでしょうか。

音質に特化した有線のイヤホンに比べると物足りないでしょうね。

しかし、「通勤中・移動中・運動中に音楽を楽しみたい!」といった方には十分楽しめるレベルだと思います。私も使っていて、物足りないという印象はないです。

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

ERATO MUSE5 の操作方法~音量調整が楽~

MUSE5にはボタンが付いており(ERATOの文字部分)、左右のイヤホンのボタンを使用して「電源オン/オフ」、「音楽再生の操作」、「通話操作」等を行うことができます。

他にもボタンで「Siri・Googleでの検索」を行ったりできるのですが、あまり使っていないので割愛します。笑

「電源オン/オフ」機能

左右両方のボタンをそれぞれ2秒間長押しすると、各イヤホンの電源がオンとなり起動することができます。自分のスマホに一度ペアリングしておけば、2回目以降は電源をオンにすれば自動でペアリングを行ってくれます。

自動でペアリングできなかった場合は、スマホのBluetoothの設定から接続が可能です。

電源をオフにする場合も、左右両方のボタンをそれぞれ2秒間長押しすると、各イヤホンの電源がオフになります。

「音楽再生操作」機能

一番便利なのが音楽再生操作機能です。

再生するプレイリスト自体はスマホ側で操作する必要がありますが、「再生/一時停止」「音量調節」「曲選択」等の操作はイヤホン自体で行うことができます。

基本操作はこんな感じです。

再生/一時停止 左右イヤホンいずれもワンクリックすることで再生・一時停止が可能
音量調節

音量UP:右側イヤホンをダブルクリック

音量DOWN:左側イヤホンをダブルクリック

曲選択

次の曲へ:右側イヤホンを2秒間長押し

前の曲へ:左側イヤホンを2秒間長押し

スマホを出さなくても曲の操作ができるのはとても便利で、特にジムでの利用時に重宝しています。

「通話操作」機能

これは単純に、電話に出て、通話が終わったら電話を切る機能です。

電話に出る 左側イヤホンをワンクリック
電話を切る 左側イヤホンを2秒間長押し

フルワイヤレスイヤホンを購入する際に、家電量販店の店員さんから「通話機能が付いているワイヤレスイヤホンが一般化していく流れなので、付いてるものの方がおススメですよ」と説明を受けたので、通話機能付きのMUSE5を購入しましたが、結構衝撃でした!

購入時は、「イヤホンで聞く」「スマホで話す」という状態を想定していたのですが、なんとこのMUSE5はマイク機能までついているんです!

つまり、イヤホンを付けておけばスマホをポケットや鞄から出さなくても通話が可能ということです。しかも、イヤホン自体で通話のオン・オフが可能なのでかなり便利です。

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

ただ、欠点というか注意点が1つ。

イヤホン自体が小さく、またコードもないため、スマホを出さずに通話していると変な人と思われる可能性が・・・。笑

レビューの結論:ERATO MUSE5 はおすすめ!

ここまで読んでいただいた方はご理解いただけかと思いますが、フルワイヤレスイヤホンを検討しているならMUSE5はかなりおススメです。

フルワイヤレスイヤホンMUSE5

他のフルワイヤレスイヤホンの全てを私生活で試したわけではありませんが、MUSE5はめちゃ便利!

これは間違いありません。自信を持っておすすめします!

久しぶりにAmazonで価格を調べてみたら・・・¥15,000前後まで下がっています!自分が買ったときより¥5,000以上安い!よりおすすめ度合いが高まりました。

AppBank Storeで購入するならこちらをクリック

今買うなら最新モデルの「VERSE」がおすすめ

【2017年12月29日追記】

MUSE5はもちろんおすすめなのですが、今買うなら同じERATOの最新モデルVERSE』ですね!

ERATO_VERSE_フルワイヤレスイヤホン

VERSEは最上位モデル『Apollo 7S』のポピュラーエディションとしてリリースされたモデルです。

Apollo 7S と同じ円錐型のデザインが採用されていて、重さは片方で約4.5gとても軽い!もちろん防水

Spingit社と共同開発された専用イヤーチップにより、耳にフィットして遮音性が高く、運動していても外れにくい製品になっています。

さらに素晴らしいのがバッテリーで、音楽の連続再生時間はMAX3時間、通話連続時間はMAX4時間なのですが、付属の充電ケースにセットするだけで合計4回までフル充電できるので、最長15時間の音楽再生と20時間の通話ができるんです!

ペアリングもスムーズで音も途切れにくいのでフルワイヤレスイヤホン初心者でも安心して使うことができます。

極めつけは価格の安さで、 Apollo 7S の半額以下でMUSE5とほぼ同じですから、同価格帯のフルワイヤレスイヤホンでは断トツでおすすめできます。色はブラックとホワイトの2色からお好きな方をどうぞ!

完全独立型フルワイヤレスイヤホンを購入した経緯、他製品との比較については次の記事をご覧ください。

完全独立型フルワイヤレス(Bluetooth)イヤホンのおすすめをまとめて比較してみた
フルワイヤレスイヤホンを購入しました!今回は、購入にあたって調べたことなどをまとめたいと思います!フルワイヤレスイヤホンの購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。