【書評】レバレッジ・リーディング~100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ~

レバレッジリーディング オススメ!

「本を読む時間がない」

 

そう言い訳して読書から遠ざかっている人にぜひ読んでもらいたい一冊をご紹介します!

 

1日最低1冊、年間400冊超のビジネス書を読む著者の読書術『レバレッジ・リーディング』を紹介した本です。

 

ビジネス書を「多読」することの意味とは

「多読」はその言葉の意味する通り、「たくさん読むこと」です。

この本の著者はなぜこれほどまで多くのビジネス書を読むのでしょうか。

読書は「投資活動」

1,500円の本一冊から得た知識は、100倍のレバレッジが効いて、およそ15万円の利益を生む

著者は読書を単なる娯楽といった消費活動ではなく、「投資活動」として捉えています。

 

投資額に対して100倍のリターンが得られる投資なんて他には思いつきません。しかも読書には投資につきものであるリスクがないのです。

読書=最強の投資」だと断言しています。

 

では、なぜ本を読むと100倍のリターンが得られるのでしょうか。

本には他人の経験や知恵が情報として整理されている

汗水たらし、血のにじむような努力をした他の人の数十年分の試行錯誤の軌跡が、ほんの数時間で理解できるよう、本の中は情報が整理されているのです。

ビジネス書には、世界中の優れた経営者や成功した人のノウハウが記されています。

 

このノウハウは一朝一夕で生み出されたものではなく、本を記した成功者たちが長い月日をかけて試行錯誤した末に得たものです。

読書をすることで、その貴重なノウハウをほんのわずかな時間で得ることができるのです。

もちろん、ただ本を読んだだけではノウハウを知識として得たに過ぎません。

 

では、いかにして読書で得た知識を活かし、リターンを得るのでしょうか。

ノウハウを実践で活用することでリターンを得る

本を読んで、そこに書かれているノウハウを自分流に応用し、実践で活用する

たとえば何かのビジネスを始めようとしたときに、ゼロから自分で考えて始めると多大な時間と労力を要します。

 

その点、同じようなビジネスで成功している先人たちのやり方に自分なりのやり方をプラスすることで、成功への近道を進むことができるのです。

メジャーリーグで活躍するイチローも、最初は王貞治の「一本足打法」をマネするで多くを学び、自分流に応用することで後に「振り子打法」を生み出して数々の記録を残しています。

 

読書により成功への近道を学べば、ゼロから独力で試行錯誤する時間を削減することができます。

「本を読む時間がない」という人は、「本を読まないから時間がない」ということに早く気づくべきです。

効率的な多読の方法とは

その本を読む目的を明確にしておくと、重要なところと、そうでないところの見極めがはっきりつくようになります。したがって、どうでもいいところは捨てることができるので、読むスピードが早くなります。

ビジネス書を多読することで多くのリターンが得られるわけですが、効率的な読み方を身につけ、1冊当たりの読書時間を短縮することで投資効率がさらにアップします。

 

本を読むとき、どうしても全ページ一字一句もらさず読もうとしてしまい、1冊読むのに時間が多くかかってしまいます。それでは多読できません。

 

効率的な読書の流れ

  1. 本を読む目的を明確化
    ⇒読むところと読まないところの見当をつける
  2. 制限時間を設ける
    ⇒本の内容により1~2時間程度
  3. 全体を俯瞰する
    ⇒「まえがき」「目次」「あとがき」などをチェックし、本の全体像を頭に入れる
  4. 読書開始
    ⇒・緩急をつけて読む・・・重要なところは熟読、他は斜め読み
     ・ポイントを押さえる・・・線や印、書き込み、ドッグイヤーなどのマーキング

 

読書は投資活動なので、自分が成功するために必要な情報だけが得られれば良いわけです。

「80対20の法則」は読書にも応用することができ、本に書いてある内容の20%をおさえるだけで自分がその本から得るべき必要な情報は得られるのです。

 

もちろん、少し読んで「得るものがないな」と感じた本はすぐ読むのをやめます。

多読でもっとも重要なのは読書後のフォロー

とにかく大事なのは、本から得たノウハウをレバレッジメモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、どんどん実践で活用していくことです。

読書後、線を引いたところや印をつけたところをまとめたメモ(『レバレッジ・メモ』)を作ります。

 

メモはいつでも読めるようにしておき、空き時間に何度も読んで頭と身体になじませることで、ノウハウを行動に活かせるようにするのです。

 

読んだ本の重要なエッセンスはメモに残っていますので、基本的に一度読んだ本は読み返しません。これもまた時間の削減につながります。

まとめ

「本を読む時間がない」という人は「本を読まないから時間がない」、というのはかなり私の胸にグサッときました。笑

 

私は何をするにも独力でやってやろうとゼロから始めちゃうタイプなのですが、世の中には情報があふれているわけで、ノウハウをサクッと学んでそれにならって行動した方がゴールへの最短距離を走れて時間の節約になりますよね。

 

「読書は投資行動」というのも目からうろこでした。

 

本を読めば読むほど時間が生まれ、リターンを得られるのですから、読書をしないのは本当にもったいない!

「レバレッジ・リーディング」の読書法なら本を読む時間も短縮できますから、今後は積極的に本を読もうと思います!

 

この本はKindle版も販売されていますが、読むなら絶対に書籍を購入してください!

その意味は読めば理解できるハズです。

 

記事に書いた内容はあくまで「私にとって必要な情報」のメモですから、「あなたにとって必要な情報」がもれている可能性があります。

この本には他にも「本の選び方」やおすすめの本なども書かれています。

ぜひご自身の目で読み、「レバレッジ・リーディング」を身につけてくださいね☆

オススメ!
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント