【ジェットパック】Jetpack by WordPress.comの設定方法と使い方【プラグイン】

Jetpack(ジェットパック)_00 WordPress

ブログを運営していると気になるのがPV(ページビュー)数などのアクセス状況じゃないでしょうか。

アクセス状況を分析することで、「アクセス数の推移」や「どの記事がよく読まれているか」といった現状を把握することができ、ブログの改善に活かすことができます。

そこで今回は、ブログ運営にかかせないアクセス状況の分析を把握しやすくしてくれるWordPressのプラグイン『Jetpack by WordPress.com』(ジェットパック)のインストールや設定方法と使い方を解説したいと思います。

がく
Jetpack(ジェットパック)を使うとWordPressの管理画面上でアクセス状況が確認できるようになるからとっても便利♪

Jetpack(ジェットパック)のインストール方法

まずはじめにJetpack(ジェットパック)をインストールします。

 

◆WordPress管理画面>プラグイン>新規追加>「Jetpack」で検索>「今すぐインストール」をクリック

Jetpack(ジェットパック)_01

 

◆「有効化」をクリック

Jetpack(ジェットパック)_02

 

これでJetpack(ジェットパック)のインストールが完了です。

Jetpack(ジェットパック)の設定方法~WordPressアカウントとの連携~

続いて、設定に進んでいきます。

設定といっても、Jetpack(ジェットパック)とWordPressアカウントを連携するだけです。

・・・が、これがちょっと戸惑うポイントかもしれません。私もこれまでいくつもプラグインを導入してきましたが、「WordPressアカウントと連携する」手続きなんてなかったですからね。

そもそも「WordPressアカウントって何?」って人も少なくないと思います。私もそうでしたが、疑問に思われた方はおそらくWordPressアカウントをまだ持っていないと思われます。WordPressアカウントは、いつもブログを投稿する際にログインするときのIDやパスワードとは別のものです。

WordPressアカウントを持っていない方はアカウントを新規作成する必要がありますので、その辺も解説しておこうと思います。すでにお持ちの方は適宜読み飛ばしてください。

WordPressアカウントの新規作成

Jetpack(ジェットパック)をインストール・有効化したら、「WordPress.comと連携」をクリックしてください。
(※自動的に↓の画面にならなかったら、「プラグイン」の画面を開くと同じようなボタンが見つかると思います。)

Jetpack(ジェットパック)_03

 

 

WordPressアカウントのログイン画面になります。

  • WordPressアカウントを持っている方
    ⇒UsenameやPasswordを入力して「Log In」をクリック
  • WordPressアカウントを持っていない方
    ⇒アカウントを新規作成するため「Register」をクリック

Jetpack(ジェットパック)_04

 

下記はWordPressアカウントを新規作成する方への解説です。

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを決めて入力したら「Sign Up and Connect Jetpack」をクリックします。

Jetpack(ジェットパック)_05

無事、WordPressアカウントを作成できましたでしょうか。登録したアドレス宛にメールが届くと思います。

Jetpack(ジェットパック)とWordPressアカウントの連携

アカウントの登録が完了したら、WordPress管理画面のダッシュボードを開いてください。

Jetpackと連携」ボタンをクリックします。

Jetpack(ジェットパック)_06

 

さきほど登録したWordPressアカウントが表示されますので、「Approve」をクリックしましょう。

Jetpack(ジェットパック)_07

 

続いてプランの選択画面に移ります。

無料のプランと有料のプランがありますが、無料のプランでOKです。「Start with free」をクリックしましょう。

Jetpack(ジェットパック)_08

 

最後に「このステップをスキップ」をクリックします。

Jetpack(ジェットパック)_09

 

これでJetpack(ジェットパック)とWordPressアカウントの連携が完了しました!

Jetpack(ジェットパック)を日本語化する方法

ここまでの手続きが済むと、Jetpack(ジェットパック)が機能し始めます。

詳しい統計情報を表示」をクリックすると、アクセスの詳細な情報を確認することができます。

Jetpack(ジェットパック)_10

 

・・・と、ここで「おや?」っと思ったのですが、表示が英語なんですよね。(私だけ?)

Jetpack(ジェットパック)_11

原因を調べてみると、どうやら連携しているWordPress.comの設定と紐づいているからのようです。なので、WordPress.comの言語設定を日本語に変更すればJetpack(ジェットパック)も日本語表記になるというわけですね。

 

というわけで、さっそく日本語化していきましょう。

 

WordPress.comにログイン

Jetpack(ジェットパック)_12

 

◆画面右上の人のマークをクリック

Jetpack(ジェットパック)_13

 

◆メニューの「Account Settings」をクリック

Jetpack(ジェットパック)_14

 

◆「Interface Language」をEnglishから日本語に変更>「Save Account Settings」をクリック

Jetpack(ジェットパック)_15

 

これでWordPress.comの言語設定が日本語になり、連携しているJetpack(ジェットパック)も日本語表記になりました。

Jetpack(ジェットパック)_16

Jetpack(ジェットパック)の機能と使い方

Jetpack(ジェットパック)はWordPressの管理画面でアクセス状況を把握することができます。

Jetpack(ジェットパック)17

 

情報の見方を解説していきましょう。

 

画面上部のグラフでは、アクセス数の推移を把握することができます。

これが右肩上がりで推移していくように運営したいですね。

Jetpack(ジェットパック)18

 

「リファラ」では、どこからブログに流入してきたのかを把握することができます。

当ブログの場合はほとんどが検索エンジンからの流入ですね。

Jetpack(ジェットパック)19

 

「人気の投稿とページ」では、どのページがよくアクセスされているかを把握することができます。

この情報を見て、アクセスの多い記事の関連記事を書いたり、アクセスの少ない記事のリライトするといった対策をとることが重要です。

Jetpack(ジェットパック)20

 

「クリック数」では、ブログ内でクリックされているリンクを把握することができます。

アフィリエイトリンクのクリック状況も掴むことができますよ。

Jetpack(ジェットパック)21

 

「検索キーワード」では、どんなキーワードでアクセスされたのかを把握することができます。

・・・が、アクセス数がうん十万とかないと見えないようですね。

Jetpack(ジェットパック)22

まとめ

Jetpack(ジェットパック)_00

今回は、アクセス状況を把握するためのプラグイン『Jetpack(ジェットパック)』について、インストールや設定方法、使い方を解説しました。

アクセス状況を分析することは、ブログのアクセスアップのための戦略を練るためにとても重要なことですので、まだ導入されていない方はぜひ使ってみてくださいね。

コメント