【必見】おススメ囲碁・将棋マンガ

エンタメ

こんにちは。

今回は、【必見】おススメ囲碁・将棋マンガ、3作品を紹介します。

結構ピンポイントのカテゴリですが、すごく大好きな作品が含まれています。

 

3月のライオン

 

主人公は幼い頃に事故で家族を失った17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。心に深い傷を負い、孤独な生活を送っていた彼の前に現れたのは、あかり・ひなた・モモの三姉妹。零を受け入れ、彼の居場所を作ってくれる三姉妹もまた家族を失っていた。彼女たちと交流を深めていく内に、零は失っていたものを少しずつ取り戻して・・・。「ハチミツとクローバー」で大ヒットした羽海野チカ先生の新作は、心に傷を負いながらも他者との交わりの中で癒されていく、優しい物語です。

 

零君、あかり姉ちゃん、ひなちゃん、ももちゃん、二階堂(心友)、林田先生(高校の先生)野口先輩などなど、いいキャラいっぱいの作品です。

心理描写がとても良く、あぁ!わかるわ~ってなります。

羽海野チカ先生の可愛い絵も大好きで、あの絵は見てて幸せになります。

あかり姉ちゃんの料理食べてみたい!

 

ヒカルの碁

 

ある日、小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な思いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく・・・。

 

短絡的な考えで囲碁を始めたヒカルでしたが、物語が進むにつれ、棋力の向上とともに、人間的にも成長していきます。霊が出てくるというファンタジー要素がありますが、とても現実的に読める作品です。

「このマンガを子供の頃に読んでたら、囲碁を始めていたのかな?」と思わせてくれるくらい、囲碁未経験の僕にも読みやすい優良マンガです。

 

ハチワンダイバー

 

表のプロとは違う、賭け将棋をなりわいとする「真剣師」の青年・菅田。アマ最強を自負する彼を倒したのは、秋葉原の女真剣師だった! テンション無限大! 81マスの宇宙を舞台に繰り広げられる破天荒将棋バトル、ここに開幕っ!!!

 

将棋がわからなくても、熱く(暑苦しく?)読める作品です。

将棋マンガというと、あまりテンション上げて読むものでもなさそうですが、ハチワンダイバーには無駄にテンション上げられます。(いい意味で・・・)笑

将棋初心者の僕ですが、このマンガは実は将棋のレベルが高いらしい。

ぜひ将棋経験者から初心者まで、たくさん人に読んでほしいですね。

最後に・・・

いかがでしたか。

冒頭に少し述べたのですが、実は今回紹介した「3月のライオン」は、僕が今一番好きなマンガです。

現在は、NHKでアニメも放映中であり、3月・4月には、2部作の映画も公開されます。

映画については↓の記事ををご覧ください。

【2017年公開】漫画・アニメ原作の実写化映画をまとめてみたら
私は漫画やアニメが大好物で、子どもの頃から(大人になった今でも)たーくさん読んだり観たりしています。 2017年は漫画・アニメを原作とする実写化映画がいっぱい公開される予定なので、まとめたいと思います。 気になる映画があったら、ぜひ...

 

さっ、前売り券買いに行こっと♪

コメント