EOS Kiss X7 X8i X9i X9 ダブルズームキットと一緒に買うべきアクセサリー商品をレビュー!

オススメ!

EOS Kiss X7 ダブルズームキットを購入して念願のデジタル一眼レフカメラデビューをしました!

 

がく
よーっしゃ撮りまくるぞ~♪

 

と子どもを引き連れて公園へGOしたいところです。

が、しかーし、カメラを買ったら撮影の準備はすべてOKかというと、実はそうではなくて他に買わなければいけない、もしくは買っておくと良い商品がいくつかあります。

 

楽しいカメライフ(カメラ+ライフ)を送るためにも、EOS Kiss X7・X9と一緒に買うべき商品を紹介したいと思います!

すべて私が調べまくって商品を比較検討した結果、実際に購入したものです。

こちらで紹介しているアクセサリーは、EOS Kiss シリーズ(X7,X8i,X9,X9i)に共通しておすすめできる商品です。

SDカード

何よりもまずはコレです!

『EOS Kiss X7 ダブルズームキット』にはSDカードが付属されておらず、カメラ本体にも保存機能は付いていません

SDカードを持っていないのであれば買っておく必要があります。

 

デジタル一眼レフカメラはとても綺麗な写真を撮ることができますが、その分写真のサイズも大きいため、容量の大きなSDカードを用意することをオススメします。

また、「スピードクラス10」のものを選びましょう。

スピードクラスが小さいと、連続撮影や動画撮影がうまくいかない可能性があります。

 

私が買ったのは32GBでスピードクラス10のSDHCカードです。

価格や評価を見てこれが一番良いと判断しました。

「無期限保証」というのも安心です。それだけ品質に自信があるんでしょうね。

 

なお、『EOS Kiss X7』にはWi-Fi機能が付いていないので、外出先で撮った写真をその場でスマホやPCに転送してSNS(TwitterやFacebookなど)にアップしたい方は、Wi-Fi内臓のSDカードを選びましょう。

レンズ保護フィルター

レンズフィルター

その名のとおり、レンズを保護するフィルターです。笑

 

無くても撮影できますが、レンズに装着しておくことで屋外撮影での砂ぼこりやゴミなどによりレンズに傷がつくことを防いでくれます

レンズは大切な資産(カメラ本体を買い換えてもレンズはそのまま流用可)ですので、保護フィルターを常に付けて大事に使いましょう。

 

EOS Kiss X7 ダブルズームキットに付属しているレンズは2本ともフィルター径が58mmですので、「レンズフィルター1個を使い回せばいいかな」と考えていましたが、それだとどちらかは保護なしの状態になってしまいますのでケチらずにレンズフィルターも2個買いましょう。

 

レンズは資産です!

 

レンズのサイズに合ったレンズフィルターを選んでくださいね。

『EOS Kiss X7 ダブルズームキット』付属の2本のレンズにはこちらのレンズフィルターがオススメです。

レンズの数だけレンズフィルターを買いましょう

 

ちなみに、私は49mmのレンズフィルターも買いましたが、これは後で紹介する単焦点レンズ用に買ったものです。(上の写真右)

液晶保護フィルム

液晶保護フィルム

スマホなどの画面に貼っている方も多いと思いますが、カメラの液晶にも貼っておきましょう!

 

『EOS Kiss X7専用の液晶保護フィルムがありますので、液晶のサイズにぴったり合いますよ。

 

EOS Kiss X8i,X9i用はこちら↓

 

EOS Kiss X9用はこちら↓

【おまけ】液晶保護フィルムを綺麗に貼る方法

ちなみに、液晶保護フィルムを貼るのが苦手だという人もけっこういると思います。

 

液晶保護フィルムを貼るオススメの方法は・・・

  1. お風呂場の空間全体にシャワーで水をまく
    ⇒空間に漂っているホコリなどを除去する
  2. 全裸になる(下着くらいは許しますw)
    ⇒衣類から出るホコリなどが空間に漂うのを予防
  3. あとは心をしずめて説明書のとおりに貼る
    ⇒多少の気泡は放っておけば消えるので気にしすぎない 

 

失敗の原因のほとんどは、液晶と保護フィルムの間にホコリ等が混入することによるプツプツ(気泡)の発生です。

上記の手順で貼ることで、ホコリ等が混入するリスクをかなり軽減できるので、成功確率もグッと上昇しますよ!レッツ真っ裸!

予備バッテリー

予備バッテリー

ちょっとお出かけして写真を撮る分には付属しているバッテリー1個で大丈夫だと思います。

私の場合はすぐ旅行に行く予定がありましたので、諸々の安心のために予備のバッテリーを買うことにしました。

バッテリー残量を気にしながら撮影したくなかったので。

 

実際、1日外出してパシャパシャ撮ったときはバッテリー1個では厳しかったです。

予備バッテリーがあれば思う存分写真撮影ができますし、動画を撮るときも安心です。

 

私はどうせ買うならと2個セットを買いましたが、1個でも売っていますよ♪

クリーニングキット

クリーニングキット

カメラやレンズのお手入れ用品です。

カメラを定期的に清掃・メンテナンスをして、長く大事に使いたいですよね。

 

清掃用品がセットになっている商品を持っておくと安心です。

もちろん、持ってるだけじゃダメですよ。笑

価格と評価から、こちらのセットが一番良さそうだと判断しました。

カメラケースやカメラバッグ

カメラバッグ カメラケース

買うときにどれにしようか一番迷ったのがカメラケース(バッグ)です。

 

カメラやレンズと周辺機器だけ入ればいいのか、それとも財布や飲み物などのお出かけ時の荷物も一緒に入ったほうがいいのかによって選択肢がかなり変わります。

私は後者で、1つのバッグでカメラを含めたお出かけセット一式を持ち運べるようにという視点でバッグを選びました。

 

そしてめちゃくちゃ悩んだ末に選んだのがエレコムのスリングバッグです。

カメラ本体と交換レンズ、三脚やスマホ(タブレット)が綺麗に収納できます☆

カメラバッグの中

 

バッグの内側に10インチまでのタブレットが収納可能なポケットと、小物の収納に便利なメッシュポケットが付いています。

バッグの背面には、スマホや小物の収納に便利なファスナーポケットが付いています。

バッグの中のインナーボックスは着脱式で、仕切版を自由に動かしてレイアウトを変更することができます。

 

バッグの前面にレンズキャップ専用のポケットが付いているのも嬉しい設計ですね。

カメラバッグ・インナーボックス

 

バッグの両サイドのファスナーを開くと、収納容量を増やすことができて、左右のポケットにペットボトルなどを収納できるようになります。

これがすごく嬉しい!

全体的な作りもしっかりしているので、大切なカメラを安心して持ち歩くことができます。

 

商品が届くまで心配だったのが大きさだったのですが、まさに私の用途にぴったりで良い買い物をしたと満足しています♪

ちなみに、私は↓をこのバッグに入れて持ち歩いています。

 

けっこう入ってますよね!

今はまだレンズの使い分けがよくわかっていないので3本すべてを持ち歩いています。笑

これだけ入れると重さもそこそこなのですが、肩パッド(?)が付いているので肩に食い込んで痛くなることはありません。

単焦点レンズ

Canon 単焦点レンズ EF50mm

私はもともと室内で撮影する機会が多く、スマホカメラで不満だった点が室内等の薄暗い場面での撮影でした。

『EOS Kiss X7 ダブルズームキット』には最初から2本のレンズが付いているため、それだけでもたいていのシーンでの撮影ができますし、もちろん室内でもなかなかの写真が撮れます。

 

しかし、どうせデジタル一眼レフカメラを買ったのですから、室内でもトコトン良い写真を撮りたいと思いまして、ネットで調べてみました。

そこで知ったのが単焦点レンズです。

 

仕組みとか難しいことは置いといて、「明るいレンズ」と言われるコイツを使えば、暗い室内でも明るい写真を撮ることができるんですね。

また、背景をぼかしたプロっぽい写真が簡単に撮れるのもすごく楽しいです。

明るさよりも「ぼかし」のかっこ良さに驚きました!「自分・・・才能あるんじゃね?」って勘違いできます。笑

 

まだカメラ自体、買ってから数日しか経っていないのですが、今後は外でも単焦点レンズをメインに使って、遠くを撮るときだけ望遠レンズに付け替えるようになるんじゃないかなと予想しています。

そのくらい撮影していて「楽しいレンズ」ですコレ☆

 

レンズにしては価格もお手頃なので、気になるなら最初から買ってしまった方がお得だと思いますよ!

あ、このレンズに合ったレンズフィルター(49mm)も一緒に買うことをお忘れなく!

レンズフード

レンズフード

必須アイテムではありませんが、気になったので単焦点レンズと一緒にポチッたのがレンズフード。

役割としては「画角外からの不要な光を遮り、画質劣化の原因となるフレアやゴーストを防ぐ」そうです。(Amazon商品ページより)

 

単焦点レンズがメインのレンズになるだろうと予想したので、とりあえず単焦点レンズ用のレンズフードだけ買ってみました!

装着時のカチャッという感触がけっこう気持ちいいです。笑

はずすときも脇のポッチを押すと簡単に取れます。

前後を逆に取り付けることもできるので、バッグに収納するときもレンズフードが出っ張って邪魔になることはありません。レンズの保護にもなりそうです。

 

とまあ、役割的にもおそらく素敵なアイテムなのは間違いありませんが、何がイイってレンズに取り付けたときの見た目ですよ!笑

本格的なカメラって感じでワクワクします。

他のレンズ用にも買おうかな・・・。

EOS Kiss X7 X8i X9i X9のアクセサリーまとめ

今回は EOS Kiss X7 X8i X9i X9 ダブルズームキット と一緒に買っておくと良いものを紹介しました。

 

上記が私が購入したものの一覧です。

上3つは特にカメラの購入と同時に買っておかないとカメラがいじれなくて残念なことになるのでマストバイです!

その他はご自身の使用状況などに合わせて買い足せば良いと思います。

単焦点レンズは購入を強く推したいですが。笑

 

今後なにか追加で購入した際には紹介していきます。

それではまた!

 

あ、これは購入必須ではないのですが、ガイド本を1冊で良いので手元においておくことをおすすめします。

一気に読んでも身につかないので、「夜景を綺麗に撮りたいな」とか「暗い場所でうまくとるにはどうしたらいいんだろう」っていうときに、その都度読んで実践するんです。そうすると、だんだんと撮影がうまくなってますますカメライフが楽しくなりますよ♪

 

X9用はこちら↓

コメント