【社会人の公認会計士試験】働きながら合格するポイント総まとめ

社会人会計士試験合格 公認会計士

まずはじめにハッキリさせておきたいこと。

それは、「社会人だろうが学生だろうが無職だろうが、公認会計士試験に合格するためにすべきことは同じ」だということです。

 

公認会計士試験は、合格までに3,000時間から5,000時間の勉強が必要だといわれています。

問題は、これだけの勉強時間をどう確保するかということと、いかに勉強を継続するかということです。

参考公認会計士試験の勉強時間・期間は?大学生・社会人・科目別の目安を解説

 

勉強時間の確保」と「勉強の継続」が、働きながら合格を目指す社会人受験生にとって高いハードルとなります。

裏を返せば、「勉強時間の確保」と「勉強の継続」が可能であれば、働きながらでも公認会計士試験に合格できるわけです。

 

この記事では、社会人受験生が働きながら公認会計士試験に合格するためのポイントをまとめています。

とりわけ、社会人受験生が学生や無職の方と比べて圧倒的に不利な点である「勉強時間の確保」に焦点をあててお話します。

社会人受験生の方に向けてお話していますが、受験に専念されている受験生の方にも共通して重要となるポイントですので、受験専念の方もぜひ参考にしてください。

独学NG!会計士専門学校・予備校を利用する

勉強を始める前段階での話ですが、合格したければ専門学校・予備校を利用しましょう。独学はありえません。

合格に必要な材料は専門学校・予備校にすべて用意されています。

 

公認会計士試験の場合、独学しようにもそもそも市販の教材が揃っていませんので、勉強のしようがありません。

参考公認会計士試験に独学で合格したい3つの理由と独学をおすすめしない理由

専門学校・予備校は「規模」と「合格実績」で選ぶ

時間的な制約が厳しい社会人受験生にとって、いかに効率の良い勉強をして最短距離で合格を目指すかがポイントになります。

この点、専門学校・予備校のカリキュラムや教材は「合格するため」に用意されたものなので、専門学校・予備校を利用することが合格への最短ルートになります。

 

ここで注意していただきたいのは「学校選び」です。学校選びに失敗すると、なかなか合格できずに学校を変更するなど、大きな時間のロスとなります。

公認会計士講座を有する専門学校・予備校はいくつもありますが、選ぶさいには「規模」と「合格実績」を重視しましょう。

おすすめは資格の学校TAC資格の大原です。

参考公認会計士試験の専門学校・予備校のおすすめを元講師がズバリ教えます!【TAC or 大原】

合格に必要な論点を取捨選択して勉強

勉強をスタートした後は、いかに効率よく学習するかがポイントになります。

公認会計士試験の出題範囲は膨大で、すべての論点を漏れなくマスターすることは不可能です。出題可能性の高い論点を優先的に勉強しましょう。

 

仮に、テキストや問題集の中でABCの3段階で重要度が示されており、Aから順に重要度が高い場合であれば、Aランクの論点をまず確実にマスターします。

Aランクをマスターしたあとに、Bランクを可能な限りおさえましょう。Cランクは深追いしてはいけません。Cランクともなると出題可能性はかなり落ちますし、出題されたところで埋没問題(合否に影響しない問題)になる可能性が高いです。

 

出題可能性の高い論点を効率よく勉強するためには、しっかりと論点ごとに重要性のランク分けをしてくれる専門学校・予備校を選ぶ必要があります。

この点、TACや大原の教材には論点ごとに重要度が示されていますので、論点の取捨選択がしやすく、効率よく勉強を進めることができます。

レクチャー期からストイックに勉強時間を確保すべし!

会計士試験に社会人合格

受験勉強をスタートしてからしばらくは、レクチャー(講義)を受けることが勉強の中心となります。

レクチャー期は比較的カリキュラムがゆるめに設定されており、時間の余裕もあるため、まだまだ「本気モード」になれない受験生が多い時期です。

 

しかし、レクチャー期をいかにストイックに勉強できるかで、答練が本格的にスタートする短答対策期以降の学習効率が大きく変わります。

レクチャー期で知識の土台をしっかりと固めておくことが重要です。「理解重視」で勉強しましょう。計算科目であっても、単に計算方法を丸暗記するのではなく、「なぜこのように計算するのか」といった理論的背景も意識して勉強するのです。

理解重視で勉強すると復習の回数を減らすことができ、時間の節約になりますし、応用問題にも柔軟に対応できるようになります。

 

とくに時間的な制約のある社会人受験生は、レクチャー期から全力で勉強してください。それが合格の必要条件です。

参考元講師がおすすめする公認会計士試験の時期別勉強方法その1~レクチャー期~

選択科目は経営学がおすすめ

論文式試験では以下の4つの選択科目があります。

  • 経営学
  • 経済学
  • 民法
  • 統計学

おすすめは経営学です。

 

理由は他の科目と比べて勉強時間が圧倒的に少ないからです。

経済学・民法の半分以下の勉強時間で済みます。よほど経済学や民法に自信がない限りは、経営学を選択しましょう。

受験生の80%は経営学を選択しています。

 

ちなみに、数学がかなり得意だったり、大学で統計学をしっかり学んでいた方については統計学を選択するのもアリです。

統計学の勉強時間は経営学と同じくらいですし、試験委員によって毎年出題傾向にムラがある経営学と比べると、本試験で安定して得点することができます。

配点の高い理論を重視して勉強

公認会計士試験の科目と配点はおおむね次のとおりです。

 短答式試験論文式試験
計算理論計算理論
財務会計論120点80点70点130点
管理会計論60点40点60点40点
監査論100点100点
企業法100点100点
租税法60点40点
経営学※50点50点
合計180点320点240点460点

※選択科目は経営学を選択したことを想定

 

短答・論文ともに理論の配点が高いです。

また、計算科目は理論科目と比べて習得するのに時間がかかるという特徴があります。イメージとしては倍違うと考えてください。理論科目は配点が高いのに、計算科目の半分の労力で済むのです。

そのため、効率良く得点を稼ぐには理論科目を重視して勉強することがポイントとなります。

 

とはいえ、計算科目の勉強はテキトーでいいというわけではありません。

レクチャー期の序盤は計算科目が中心で、さらに時間に余裕がありますので、レクチャー期に計算科目をある程度仕上げておくのです。そして、短答対策期以降に理論科目に多くの時間を割けるようにしておきましょう。理論科目は試験直前の追い込みが効きますので、短答対策期以降は理論科目の勉強を重視することで大きく得点を伸ばすことができます。

さきほど「レクチャー期からストイックに勉強すべし!」といったのはここにもつながっています。レクチャー期に計算科目をある程度仕上げておかないと、短答対策期以降に理論科目を重視した効率的な勉強ができなくなるのです。

スキマ時間を有効活用する

まとまった勉強時間を確保しにくい社会人受験生にとって、隙間時間をいかに有効活用できるかが重要になります。

通勤時間や会社のお昼休み、自宅での食事の時間などもうまく使って勉強時間を少しでも確保できるようにしましょう。

 

隙間時間ですから、テキストを広げてガッツリ勉強することはできません。

そんなときにおすすめなのが耳での勉強です。

TACや大原などの大手専門学校・予備校には、講義音声をダウンロードできるサービスがありますので、これをスマホなどに入れて倍速で聴き流すと良いでしょう。

 

私は企業法の論証例をICレコーダーに録音して、それを倍速で繰り返し聴いたりしていました。余談ですが、お皿を洗ったり洗濯物を干しながら聴いていたので、論証例を思い出すと家事の風景が一緒に頭に浮かんだものです。懐かしい(笑)

【裏技】社会人受験生が勉強時間を確保する方法

会計士合格裏技

冒頭で「社会人だろうが学生だろうが無職だろうが、公認会計士試験に合格するためにすべきことは同じ」とお話したように、働きながらの受験であっても、基本的には受験に専念している方たちと同じ量の勉強をこなさないといけません。

 

ただ、やはり働いている分だけ勉強時間を確保することが相対的に難しいのは事実です。

そこで、社会人受験生が少しでも多く勉強時間を確保するための裏技を紹介したいと思います。こちらです。(最後の2つは裏技ではありませんが)

  • Cランク論点を全てカット 
  • 一部答練を受けない
  • 通信講座で勉強
  • 短答に合格したら監査法人に転職

勉強時間を確保するには、「やること」を減らす必要があります。もちろん、勉強以外の時間を可能な限り削るのは言うまでもありません。その上で、さらに勉強時間を確保するための方法です。

決して「楽(ラク)したいがため」に取り入れるのはやめてくださいね!

Cランクの論点を全てカット

「合格に必要な論点を取捨選択して勉強」の項目でお話したことですが、論点ごとに出題可能性に差があります。重要性が違うということです。

繰り返しになりますが、Cランクは出題可能性がかなり低く、出題されても合否に影響しない埋没問題になる可能性が高い論点です。

A・Bランクの論点を勉強する時間を確保するために、おもいきってCランクの論点は全部きってしまうのも社会人受験生にとっては有効な手段です。

特に計算科目のCランク論点は、習得に時間がかかるので積極的に切ることをおすすめします。

 

Cランクを全部きるのに抵抗があるなら、Cランクの論点のうち、直前期の答練で出題された論点だけおさえると良いでしょう。直前期の答練で出題された論点が本試験で出題された場合、多くの受験生が解答できる可能性が高いので、そこだけおさえておくと安心です。

一部答練を受けない

答練は、解答する時間と解説講義の時間をあわせると、1回でも数時間かかります。

本試験までの間に答練は何十回も(百回以上かも?)ありますので、答練の時間を削るとかなりの時間が確保できるのです。

 

答練を受けないからといって、答練の内容を一切見ないというわけではありません。

答練をインプット教材として活用するのです。つまり、「解く」のではなく「読む」のです。「問題を読む→解答の道筋を考える→解説冊子を読む」という流れです。実際に問題をガチで解くのと比べて圧倒的に少ない時間で済みます。

 

答練は、現場で実力を発揮するためのシミュレーションや、現状の自身の成績を把握するといった役割もありますので、どの程度、答練を受ける回数を減らすかは慎重に検討する必要があります。

本試験での時間配分がより重要になる計算科目の答練はなるべく受けるようにして、理論科目の答練を受ける回数を減らす方向で考えるのが良いでしょう。

通信講座で勉強

上記2つは裏技的な側面がありましたが、最後は正攻法(?)です。

 

通信講座で勉強すれば、通学時間を削ることができます。特に職場や自宅の近くに校舎がない方にとっては、かなりの時間節約になります。

レクチャーを受ける時間帯にも制限がありませんので、都合の良いときに視聴することができるのも、働きながら勉強する社会人受験生にとっては大きなメリットでしょう。

 

通信講座のメリットについては下の記事で詳しくお話していますので、ぜひ参考にしてください。

参考公認会計士試験は専門学校・予備校の通信講座でも合格できる!メリットも盛りだくさん

短答に合格したら監査法人に転職

これも裏技ではありませんが、勉強時間を確保する技といえるかもしれません。

 

大手監査法人には、短答式試験合格者を採用する制度があります。

制度の主な特徴は次のとおりです。

応募資格公認会計士短答式試験合格者
業務内容監査手続の業務補助
待遇・残業、出張は原則なし
・論文式試験の2,3ヶ月前から試験休暇あり
その他社会保険、福利厚生あり

 

待遇の欄にあるように、試験勉強に配慮した制度なので、ほかの一般企業で働くよりかは相対的に勉強時間が確保しやすいでしょう。

大手監査法人の短答式試験合格者採用情報について、詳しくは以下の記事でまとめていますのでご覧ください。

参考短答式試験合格者でも大手監査法人で働ける監査補助者採用情報まとめ

さいごに

今回は、社会人受験生が働きながら公認会計士試験に合格するためのポイントについて、とくに「勉強時間の確保」に焦点をあててお話しました。

 

ポイントをおさらいしましょう。

  • 専門学校・予備校を利用
  • 論点を取捨選択
  • レクチャー期から全力で勉強 
  • 選択科目は経営学
  • 配点の高い理論重視
  • スキマ時間を有効活用
  • 一部答練を受けない
  • 通信講座を検討

 

上記すべてをそのまま取り入れる必要はありません。ご自身に合いそうなものだけ取り入れてもらえればいいと思います。

社会人だろうが学生だろうが無職だろうが、公認会計士試験に合格するためにすべきことは同じ」だということを念頭に、その中でどうしたらより効率よく勉強できるか(最短距離で合格までたどり着けるか)を考えるようにしましょう。

 

オススメ!公認会計士試験の専門学校・予備校のおすすめを元講師がズバリ教えます!【TAC or 大原】

オススメ!元講師がおすすめする公認会計士試験の時期別勉強方法その1~レクチャー期~

公認会計士
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント