公認会計士試験合格発表まとめ~論文式試験~【随時更新】

良かったらシェアをお願いします!

公認会計士試験の論文式試験の合格発表について、日程や発表方法、各年度の合格者の概要などについてまとめています。

スポンサーリンク

公認会計士試験(論文式試験)の合格発表の日程と方法

掲示

公認会計士・監査審査会および各財務局等において、合格者の「受験番号」と「氏名」が掲示されます。

平成29年11月17日(金) 9時~17時

公認会計士・監査審査会における掲示場所はこちら

インターネット

公認会計士・監査審査会ウェブサイトに合格者の「受験番号」が掲載されます。

平成29年11月17日(金) 9時

官報公告

合格者の「受験番号」と「氏名」が官報で公告されます。

平成29年11月22日(水)

がく
せっかくですから記念に買っちゃいましょう!

平成29年(2017年)公認会計士試験合格発表の概要

合格者数:1,231人(対前年比123人増)

合格率:11.2%(対前年比0.4ポイント増)

ボーダーライン:得点比率52.0%以上
※ただし、試験科目のうち1科目につき得点比率が40%未満のものがある場合は不合格

がく
合格された方、本当におめでとうございます!良くがんばった!

合格者の年齢・性別・学歴・職業

合格者の年齢

合格者の平均年齢:26.3歳

最高年齢:62歳

最低年齢:19歳

合格者の性別

男性:989人

女性:242人

合格者に占める女性の比率:19.7%

合格者の学歴

大学卒業(短大含む)以上:668人(構成比54.3%)

合格者の職業

学生および専修学校・各種学校受講生:840人(構成比68.2%)

会社員:106人(構成比8.6%)

論文式試験の受験者数・合格者数・合格率・合格ラインの推移

2013年以降の公認会計士試験(論文式試験)の受験者数・合格率・合格ラインの推移です。

なお、「受験者数=答案提出者数」(欠席者等を除いた人数)としています。

受験者数 合格者数 合格率 合格ライン
2017 2,971 1,231 41.4% 52%
2016 2,790 1,108  39.7% 52%
2015 2,759 1,051 34.1% 52%
2014 2,697 1,102 40.9% 52%
2013 2,945 1,178 40.0% 52%

論文式試験は偏差値ベースで52%の得点比率が近年の合格ラインとなっています。

合格率は40%前後です。

一見高い数値に思えるかもしれませんが、論文式試験の受験者は当然短答式試験を通過してきた人たちですので、その母集団を考えると合格は決して容易ではありません。

合格者の平均年齢・性別・学歴・職業

各年ごとの合格者の平均年齢・性別・学歴・職業をまとめています。

表の項目の意味は次のとおりです。

  • 性別・・・合格者に占める女性の比率
  • 学歴・・・大学卒業(短大含む)以上の構成比
  • 職業・・・学生等(学生・専修学校・各種学校受講生)と会社員それぞれの構成比
平均年齢 性  別 学  歴 職  業
2017 26.3歳 19.7% 54.3% 学生等:68.2%
会社員:8.6%
2016 26.2歳 21.3% 55.6% 学生等:71.8%
会社員:6.3%
2015 27.1歳 19.7% 62.0% 学生等:68.3%
会社員:8.9%
2014 26.8歳 17.2% 64.0% 学生等:72.9%
会社員:8.9%
2013 26.2歳 19.0% 62.9% 学生等:76.3%
会社員:4.6%

職業の欄を見てもわかるように、公認会計士試験の合格者は大学生や卒業後に専門学校に通いながら受験に専念している人が多いです。

合格発表後すぐに監査法人への就職活動がスタート!

合格発表の翌週から、監査法人の就職活動がいっせいに始まります。

わずか2・3週間の間に「説明会参加→エントリーシート(履歴書)記入→面接」とこなし、12月上旬には就職先が決まる(内定)という怒涛のスケジュールです。

説明会の予約は早めに!

監査法人の説明会に参加するには事前予約が必要です。

大手監査法人の場合はすぐに定員がいっぱいになってしまうおそれもありますので、説明会の予約がいつから開始されるのか、しっかりとチェックしておきましょう。

がく
今年はまだ売手市場ですね~

オススメ!【2017年版】大手監査法人の就職活動・採用情報まとめ

オススメ!【2017年版】4大監査法人比較~規模・財務状況・クライアント数など~

スポンサーリンク

良かったらシェアをお願いします!

フォローする