4大監査法人比較~規模・財務状況・クライアント数など~

監査法人比較 公認会計士

今回は、公認会計士試験合格者の大半が就職することになる監査法人のうち、「4大監査法人」といわれる次の4法人について多角的に比較します。

  • 有限責任あずさ監査法人
  • 新日本有限責任監査法人
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • PwCあらた有限責任監査法人 

 

試験合格後の就職活動の際に役立てていただけたらと思います。

比較情報は各監査法人が公表している「業務及び財産の状況に関する説明書類」(2018年度)から引用しています。なお、当資料から判明しない情報については監査法人のサイトの「法人概要」などから別途引用しています。

【4大監査法人比較①】規模(人員数)

 あずさ新日本トーマツあらた
社員603540566145
使用人5,5795,0386,0922,910
 公認会計士2,6492,5842,706900
 試験合格者1,2201,0491,232532
 監査補助職員9866471,893882
 その他の事務職員724758261596
合計 6,182 5,5786,658 3,055

 

人員の合計数は2017年に引き続きトーマツがもっとも多いです。

一昔前までトップに君臨していた新日本は、2017年よりも700人弱減少しています。

監査法人の人員は「社員」と「使用人」に大きく分けられます。

監査法人に入所後、はじめは「スタッフ」という一番下位の職位からスタートし、年次を重ねて「スタッフ→シニアスタッフ→マネージャー→シニアマネージャー→パートナー」と昇格していきます。最後の職位である「パートナー」が「社員」です。

【4大監査法人比較②】財務状況(売上高・利益)

(単位:百万円)

 あずさ新日本トーマツあらた
売上高 97,12198,941104,703 45,622
 監査証明業務76,54983,08774,28423,455
 非監査証明業務20,57115,85430,41922,167
営業利益4841,8221,00888
営業利益率(%)0.5%1.8%1.0%0.2%

 

売上規模もトーマツがトップです。

新日本は4大監査法人で唯一売上が昨年度よりも減少しています。

【4大監査法人比較③】クライアント数

【監査証明業務のクライアント数】

 あずさ新日本トーマツあらた
金商法・会社法監査773955948141
金商法監査41551151
会社法監査1,3661,3341,076434
学校法人監査4998753
労働組合監査171140
その他の法定監査516606453144
その他の任意監査796830735343
 3,558 3,889 3,338 1,116

 

【非監査証明業務のクライアント数】

 あずさ新日本トーマツあらた
非監査証明業務 2,120 2,799 2,940 1,241

 

クライアント数は、監査証明業務は新日本が、非監査証明業務はトーマツがトップです。

2017年度は監査・非監査ともに新日本がトップでしたが、新日本の非監査証明業務のクライアント数が300以上減少したことにより、トーマツにトップを譲り渡す形になりました。

【4大監査法人比較④】メンバーファーム

あずさKPMG
新日本EY(アーンスト・アンド・ヤング)
トーマツデロイト トウシュ トーマツ
あらたPwC(プライスウォーターハウスクーパース)

 

各監査法人は世界の4大会計事務所(いわゆる「BIG4」)のメンバーファームです。

あらた監査法人がほかの大手監査法人よりも規模が大きく劣るにもかかわらず、日本の4大監査法人のひとつとして認識されている大きな理由が、PwCのメンバーファームだという点にあります。

 

ちなみに、BIG4は世界の就職人気企業ランキングで毎年トップ10にランクインするほどの人気ぶりです。

RANK EMPLOYER TREND(2017)
1Google
2Goldman Sachs
3Apple
4EY(Ernst & Young)
5PwC(PricewaterhouseCoopers)
6Deloitte
7Microsoft
8L’Oreal Group
9KPMG
10J.P. Morgan

参考World’s Most Attractive Employers Business student 2017

 

日本の就職人気企業ランキングで監査法人や会計事務所が出てくることはありませんが、世界的にみると会計事務所はとても人気があるんですね!

【4大監査法人比較まとめ】トータルではトーマツが最大規模

上記4項目の比較結果を簡単にまとめるとこのようになります。

  あずさ  新日本 トーマツ あらた 
人員数
売上高
利益率
クライアント数
メンバーファーム

 

総合的にみると、トーマツが最大規模の監査法人と言って良いでしょう。

次点で新日本とあずさが肩を並べる感じです。

PwCあらたはほかの3法人と単純に比較してしまうとかなりの差がありますね。

 

さて、今回は4大監査法人について、数字で表せる客観的な側面から比較しましたが、最後の最後に各監査法人をひとことで表現したいと思います。

あずさ無難
新日本まじめ
トーマツ体育会系
あらた外資系

 

主観も入っていますが、だいたいこんな感じのイメージであっていると思います(笑)

4大監査法人はそれぞれ組織風土も違いますので、就職活動の際には説明会などに積極的に参加して、自分に合いそうかどうか実際に肌で感じてみることをおすすめします。

 

オススメ!【随時更新】大手監査法人の就職活動・採用情報まとめ【会計士の就活】

 

↓ここから先は、4大監査法人の人員数・財務状況・クライアント数の推移をまとめています。ご興味のある方は参考までにご覧ください。

【参考】有限責任あずさ監査法人の概況

人員数の推移

 2018年2017年2016年2015年
社員603614606604
使用人5,579
 公認会計士 2,649 2,613 2,478 2,437
 試験合格者1,2201,2351,2761,205
 監査補助職員986開示なし
 その他の事務職員724
合計6,1826,015

財務状況の推移

(単位:百万円)

 2018年2017年2016年2015年
売上高97,121 95,952 89,895 83,157
 監査証明業務76,54972,16069,87568,101
 非監査証明業務20,57123,79220,02015,056
営業利益4844,7861,5951,680
経常利益2,1844,8961,2121,594
当期純利益1,3695,9947142,252
営業利益率(%)0.5%5.0%1.8%2.0%
経常利益率(%)2.2%5.1%1.3%1.9%
純利益率(%)1.4%6.2%0.8%2.7%

クライアント数の推移

【監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
金商法・会社法監査773756757737
金商法監査41434951
会社法監査1,3661,3721,3271,316
学校法人監査49515861
労働組合監査17181920
その他の法定監査516513488436
その他の任意監査796728704704
3,5583,4813,4023,325

【非監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
非監査証明業務2,1202,3032,1972,073

【参考】新日本有限責任監査法人の概況

人員数の推移

 2018年2017年2016年2015年
社員540556627640
使用人5,0385,7095,6505,644
 公認会計士2,5842,679 2,719 2,768
 試験合格者1,0491,0771,1351,173
 監査補助職員647891718621
 その他の事務職員7581,0621,0781,082
合計5,578 6,265 6,277 6,284

財務状況の推移

(単位:百万円)

 2018年2017年2016年2015年
売上高98,941 100,036 106,482  99,715
 監査証明業務83,08780,56185,02477,597
 非監査証明業務15,85419,47421,45721,578
営業利益1,8222,2273,738227
経常利益2,3402,7914,1301,096
当期純利益237388272800
営業利益率(%)1.8%2.2%3.5%0.2%
経常利益率(%)2.4%2.8%3.9%1.1%
純利益率(%)0.2%0.4%0.3%0.8%

クライアント数の推移

【監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
金商法・会社法監査9559779881,030
金商法監査55596661
会社法監査1,3341,3281,4021,441
学校法人監査98106110118
労働組合監査11161818
その他の法定監査606601587603
その他の任意監査830808800813
3,8893,8953,9714,084

【非監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
非監査証明業務2,7993,1323,3613,583

【参考】有限責任監査法人トーマツの概況

人員数の推移

 2018年2017年2016年2015年
社員566567579573
使用人6,0926,0825,9165,597
 公認会計士2,7062,6622,6472,533
 試験合格者1,2321,2451,1661,284
 監査補助職員1,8931,6201,4381,157
 その他の事務職員261555665623
合計6,6586,6496,4956,170

財務状況の推移

(単位:百万円)

 2018年2017年※2016年2015年
売上高104,703  70,977  96,478  89,177
 監査証明業務74,28452,40870,45966,658
 非監査証明業務30,41918,56926,01922,519
営業利益1,0081,7091,316814
経常利益1,2832,3412,8491,954
当期純利益8791,6501,8851,608
営業利益率(%)1.0%2.4%1.4%0.9%
経常利益率(%)1.2%3.3%3.0%2.2%
純利益率(%)0.8%2.3%2.0%1.8%

※決算日を9月30日から5月31日に変更したことに伴い、平成28年10月1日から平成29年5月31日までの8か月間の数字となっている。

クライアント数の推移

【監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
金商法・会社法監査948948949959
金商法監査11141212
会社法監査1,0761,0961,0951,100
学校法人監査75848383
労働組合監査40596064
その他の法定監査453439440441
その他の任意監査735759788915
3,3383,3993,4273,574

【非監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
非監査証明業務2,9402,9403,6533,526

【参考】PwCあらた有限責任監査法人の概況

※2016年7月1日に有限責任監査法人へ移行したため、2016年以前は「アニュアルレビュー」により判明する範囲で記載。

人員数の推移

 2018年2017年2016年2015年
社員145130開示なし
使用人2,9102,647
 公認会計士900866
 試験合格者532479
 監査補助職員882805
 その他の事務職員596497
合計3,0552,7772,5502,219

財務状況の推移

(単位:百万円)

 2018年2017年2016年2015年
売上高45,622  42,321  37,032  33,310
 監査証明業務23,45521,65317,499開示
なし
 非監査証明業務22,16720,66819,532
営業利益881,1763,482
経常利益1951,1853,578
当期純利益1145725,443
営業利益率(%)0.2%2.8%9.4%
経常利益率(%)0.4%2.8%9.7%
純利益率(%)0.2%1.4%※14.7%

※「事業再編に伴う特別利益」3,163百万円の影響が大きい

クライアント数の推移

【監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
金商法・会社法監査141136開示なし
金商法監査5152
会社法監査434459
学校法人監査32
労働組合監査
その他の法定監査144148
その他の任意監査343331
1,1161,128930

【非監査証明業務の状況】

 2018年2017年2016年2015年
非監査証明業務1,2411,1201,075開示なし

 

公認会計士
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント