【インク買うより安い!】プリンターはキャノンPIXUS iP2700がおすすめ【Canon】

オススメ!

我が家はなにかと印刷する機会が多いので、印刷のコストパフォーマンスにはとても敏感です。

がく
印刷コストをとことん下げたい!

今回は、そんな私が使っているおすすめのプリンターを紹介したいと思います。

おすすめ激安プリンター『Canon インクジェット PIXUS iP2700』

洗練されたデザインのエントリーフォトプリンター。iP2600後継モデル。マットブラックのボディーとピアノブラックのリアトレイカバーによる質感のコントラストが、洗練された優美さを演出したデザイン。高密度プリントヘッド技術『FINE』が最小2plのインク滴/最高解像度4800dpiを実現。染料3色(一体)+顔料BKの4色インク。自動写真補正機能II対応。USBケーブル別売。

Amazon商品ページより

 

印刷さえできればいい」ならこれが一番おすすめ!

Amazonのインクジェットプリンタのカテゴリでず~~っとベストセラー1位です。

 

ブラックとカラーのインク付き3千円台で買うことができます。
(私が購入した2016年4月10日は税込3,013円でした!)

 

ちなみに純正のインクだけを買うとブラックカラー合わせて5千円以上します。

がく
つまり、インク買うより本体ごと買った方が安い。笑

 

激安なのでいつ壊れても惜しくないと思って使っているのですが、かれこれ1年半ほど問題なく使えています。

今のところ印刷の仕上がりにも不満はありません。文字がかすんだり色がにじんだりしないです。写真付の年賀状も印刷しましたが悪くない出来でした(さすがにめちゃくちゃ綺麗ってレベルではありませんが)。

 

コストパフォーマンスはかなり高いと断言できます!

購入時の注意点?

注意点というほどではないかもしれませんが念のため書いておくと、USBケーブルが付属していません。

ただ、これまで使っていたプリンターなどのUSBケーブルがあれば使いまわせるので、別途購入する必要はありません。

がく
100円ショップで売っているUSBケーブルでもOK!

詰め替えインクでさらにコスパUP!

インクが切れたら普通にインクを買って交換をするか、本体ごと買い換える荒業にでるかを考えるところです。

しかし、インク単体で買うのは高いし(特に純正品は高すぎ!)、本体ごと買い換えるのは地球に優しくないのではないかと気がひけます。

 

せっかくコストパフォーマンスの高いプリンターですから、なんとか安くインクを補充したいですよね。

そこで出てくる選択肢が「インクを詰め替える」という方法です。

詰め替えインクならブラックカラーいずれも純正品のインクより大幅にコストダウンできます。

 

プリンターは「本体を安く買わせて高いインクで儲ける」というのがメーカーの戦略なので、インクを安く補充できるとコストパフォーマンスが飛躍的にアップします。

まとめ

Canon プリンター インクジェット PIXUS iP2700

 

印刷しかできませんが、印刷だけしたい方には超オススメします!

 

 

我が家のPIXUS iP2700はまだインクが残っていますが、切れたら詰め替えインクを試してみようと思います。

試したらレビューしますね。

 

【2017年10月3日追記】

ついにブラックのインクの交換時期がやってきました!さっそくインクの詰め替えにチャレンジしたところ、めちゃくちゃ簡単にできました♪

詳しくは次の記事をご覧ください。

キャノンPIXUS iP2700のインクは詰め替え交換がおすすめ
iP2700のインク交換を安く済ませたい!そんなあなたにおすすめなのが互換インクの詰め替えです。詰め替え交換の方法はとても簡単なので、ぜひこの記事を参考に詰め替えてみてください。
オススメ!
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント