【キャンピングカーショー2017】事前登録で入場無料なので早速チケットをゲット!

エンタメ

つい先日、前職の同期と飲んだ際にふいに話題に挙がったキャンピングカー。

 

キャンピングカー欲しいんだよね。

 

同期のこの発言に敏感に反応した私。

というのも、私かなり前からキャンピングカーに興味がありまして、「キャンピングカーで日本一周したいな・・・」とか妄想していたわけですよ。

 

で、以前テレビの特集かなにかでキャンピングカーの展示会みたいなものが紹介されていたのを思い出してググッてみました。

そしたら『キャンピングカーショー』なるものがあるじゃないですか!

しかも来月!

もう行くしかないでしょってことで、早速↑の同期に声かけてみたらスグに「行く!」との返事が。笑

 

というわけで、チケット申し込みましたよ!って話です。

せっかくなので、キャンピングカーショーについて少し書きたいと思います。

 

キャンピングカーショー2017の概要

キャンピングカーショー01

JAPAN CAMPINGCAR SHOW

 

上記サイトのトップにはこんな言葉が↓

クルマに、もっと物語を。

 

ホテルであり、
プラネタリウムであり、
ペットと旅する空間でもある。

 

キャンピングカーとは
「クルマにできること」を
広げてくれるアイデアのこと。

 

いつものドライブが、
心に残るトラベルになる。

 

そこにはきっと、
人生に物語をふやすためのヒントが
たくさん詰まっているはずです。

 

すごいワクワクしませんか!?

妄想が捗ります!

 

イベントの正式名称は『ジャパン キャンピングカーショー2017』です。

今年は2月2日(木)から2月5日(日)までの4日間開催されます。

会場は幕張メッセの1・2・3・4ホール。

 

合計4ホール使うなんてけっこう大規模なイベントなんですね!

 

キャンピングカーってどんな種類があるの?

キャンピングカーって実はいろんな種類があるってご存知ですか?

オーソドックスなキャンピングカーはイメージできると思いますが、他にもトラックの荷台にキャビン(部屋みたいなもの)を乗せたタイプや、バスを改造したもの、さらには軽自動車を改造したものまで様々なのです。

またトレーラーハウスと呼ばれる牽引式(部屋の部分を車で引っ張って走るタイプ)もあります。

 

キャンピングカーって室内空間が広い分、車体も大きいイメージが強いですが、軽自動車を改造したものもあるというのは驚きです。

軽自動車タイプはもちろんのこと、普通免許で運転できるキャンピングカーが実は多いというのも意外でした。

 

キャンピングカーショー2017で展示される車両の情報が紹介されていたので見てみましたが、大きさからデザインまで本当にたくさんの種類があって、写真を見ているだけでもワクワクします。

 

中でも一番気になったのがこちらの車両↓

テントむし

出典:キャンピングカーショー2017 展示車両情報

 

車両名は『テントむし』。

かわいすぎ!

見ての通り、車両は軽自動車を改造したタイプです。

このサイズなら運転も難しくないですし、駐車スペースにも苦労しないのでイイですね!

 

これで4人まで寝られるそう。

屋根の三角に出っ張っているところに2人、下に2人って感じでしょうかね。

 

 

他にも大小さまざまなキャンピングカーが展示されるみたいなので、本当に楽しみです!

一部車両については試乗もできるとか。

 

チケットの入手方法は?事前登録すれば入場無料!

肝心のチケットなのですが、前売入場券が一般800円の小人500円で、当日入場券が一般1,000円の小人600円だそうです(未就学児は無料)。

 

ただ、今なら事前登録すると無料で入場できます

(事前登録がいつまでできるのかはわかりません。)

事前登録について詳しくはこちらをご覧ください。

 

私は早速同期の分を含め2人分のチケットをゲットしました!

 

さらに嬉しいことに、2月4日(土)と2月5日(日)の2日間限定で、幕張メッセそば「イオンモール幕張新都心」の一部駐車場を無料で利用できるとのこと!

無料駐車場について詳しくはこちらをご覧ください。

 

まとめ

ずっと気になっていたキャンピングカーをじっくり見る機会を作ることができそうです。

今なら事前登録すれば入場無料ですし、興味のある方は是非会場に足を運んでみてください。

来月のイベント参加後に、イベントの様子を記事にしたいなと思っています。

それではまた!

エンタメ
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント