WordPressのバックアッププラグイン『BackWPup』のおすすめの設定方法と使い方

良かったらシェアをお願いします!

「バックアップはとるべき」とわかってはいるものの、「なんだか難しそう・・・」「めんどくさい」と思って後回しにしていませんか?(はい、私です)

そんなあなた(と私)には、WordPressのバックアップを自動でとってくれるプラグイン『BackWPup』がおすすめです。

今回は、BackWPupの設定方法と使い方を紹介します。

時間をかけて運営してきたサイトやブログのデータが、いつ不測の事態にみまわれて消滅してしまうかもわかりません。

そうなってしまったときでも復元できるように、今すぐBackWPupを導入して対策しておきましょう。

スポンサーリンク

バックアップするのはデータベースとファイル

WordPressのバックアップをとる際には、次の2種類のデータをバックアップします。

  • データベース(データベース上のデータ)
    ⇒記事やカテゴリなど
  • ファイル(サーバー上のデータ)
    ⇒画像やテーマなど

WordPressで作成されたブログやサイトは、データベース上のデータとサーバー上のデータで構成されていますので、両方のデータをバックアップする必要があります。

バックアッププラグインはBackWPupがおすすめ

WordPressをバックアップできるプラグインはたくさんありますが、次の理由から『BackWPup』がおすすめです。

  • データベースとファイルの両方をバックアップできる 
  • 任意のスケジュールで自動的にバックアップできる
  • 手動でもバックアップできる
  • データを圧縮してバックアップできる
  • Dropboxと連携して保存できる
  • 無料!
がく
これで無料なんてBackWPup素敵すぎる!

BackWPupをインストール&有効化する方法

WordPressの管理画面から「プラグイン」>「新規追加」と進み、“BackWPup”で検索すると「BackWPup – WordPress Backup Plugin」が表示されます。

今すぐインストール」>「有効化」と順にクリックしましょう。

これでBackWPupを使う環境が整いました!

次に自動でバックアップをとるための設定方法を解説していきます。

BackWPupでデータベースを自動でバックアップする設定方法

はじめに、記事などのデータベース上のデータを自動でバックアップするための設定方法です。

BackWPupをインストール&有効化すると、WordPress管理画面のメニューに「BackWPup」が追加されます。そこにカーソルをあわせて「新規ジョブを追加」をクリックします。

「一般」タブの設定方法

ジョブ名

このジョブの名前」に任意の名前を入力します。私はデータベースのバックアップであることがわかるように“database_backup”としました。

ジョブタスク

このジョブは…」でバックアップをとるデータを選択します。データベースのバックアップなので「データベースのバックアップ」を選択します。

ここでは、あわせて「インストール済みプラグイン一覧」も選択しています。インストールしているプラグインを一覧で確認できるので、一緒にバックアップをとっておくと便利です。

バックアップファイルの作成

アーカイブ名」は、最初「backwpup_(8桁の英数字)_%Y-%m-%d_%H-%i-%s」となっています。このままでも問題ありませんが、データベースのバックアップであることが判別できるように、(8桁の英数字)の後に“database_”を追加して「backwpup_(8桁の英数字)_database_%Y-%m-%d_%H-%i-%s」としています。

アーカイブ形式」は、Windowsであれば「Zip」を、Macであれば「Tar GZip」を選択しましょう。

ジョブの伝送先

バックアップファイルの保存方法」は、「フォルダーへバックアップ」を選択します。

記事の後半で、追加で「Dropboxにバックアップ」する方法を解説します。

ログファイル

ログファイル」の各項目はすべてそのままでOKです。

念のため、「エラー」の項目にチェックが付いていることを確認してください。エラーが発生した場合にのみログをメールで送信する設定です。

一般」タブの設定は以上です。

「スケジュール」タブの設定方法

ジョブスケジュール

ジョブの開始方法」は、「WordPressのcron」を選択します。自動でバックアップをとる方法です。

実行時間をスケジュール

スケジューラーの種類」は、「基本」を選択します。

スケジューラー」は、「毎日」を選択して、任意の時間を設定しましょう。データベース上のデータはサイズが小さいので、サーバーに負担をかける心配はほとんどありませんが、アクセスがもっとも少ない時間帯に設定しておくことをおすすめします。

当ブログは深夜4時頃がもっともアクセスが少ないので、毎日午前4時ちょうどにバックアップするように設定しました。

スケジュール」タブの設定は以上です。

「DBバックアップ」タブの設定方法

データベースのバックアップの設定

バックアップするテーブル」はそのまま(すべて選択された状態)でOKです。

バックアップファイル名」もそのままでOKです。

バックアップファイルの圧縮」は「GZip」を選択しましょう。

DBバックアップ」タブの設定は以上です。

「プラグイン」タブの設定方法

プラグイン」タブの各項目はすべてそのままでOKです。

「宛先:フォルダー」タブの設定方法

バックアップを格納するフォルダー」は、任意の名前でOKです。私はデータベースのバックアップであることが判別できるように「uploads/database-backup/」としました。

ファイルを削除」は、任意の数でOKです。私は「30」としました。これでフォルダ内にデータベースのファイルが30コ(1ヶ月分のデータ)保存されます。

以上ですべての設定が完了です。

画面下の「変更を保存」ボタンを押しましょう。

これで、データベース上のデータが自動でバックアップされるようになりました!

バックアップしたデータはダウンロードできる

さて、設定を保存すると、画面上部に「今すぐ実行」ボタンが出てきますので、試しにバックアップをとってみましょう。

データベース上のデータはサイズが小さいので数秒でバックアップが完了します。

バックアップされたデータは「バックアップ」で確認できます。

今後、自動でバックアップされたデータもここ(「バックアップ」)で確認することができます。

また、任意のファイルにカーソルをあわせると表示される「ダウンロード」ボタンをクリックすると、自分のパソコンにダウンロードできます。

BackWPupでファイルを自動でバックアップする設定方法

続いて、画像などのファイル(サーバー上のデータ)を自動でバックアップするための設定方法です。

さきほどと同様に、WordPress管理画面のメニュー「BackWPup」にカーソルをあわせて「新規ジョブを追加」をクリックします。

「一般」タブの設定方法

ジョブ名

このジョブの名前」に任意の名前を入力します。私はファイルのバックアップであることがわかるように“file_backup”としました。

ジョブタスク

このジョブは…」でバックアップをとるデータを選択します。ファイルのバックアップなので「ファイルのバックアップ」を選択します。

バックアップファイルの作成

アーカイブ名」は、最初「backwpup_(8桁の英数字)_%Y-%m-%d_%H-%i-%s」となっています。このままでも問題ありませんが、ファイルのバックアップであることが判別できるように、(8桁の英数字)の後に“file_backup”を追加して「backwpup_(8桁の英数字)_file_backup_%Y-%m-%d_%H-%i-%s」としています。

アーカイブ形式」は、Windowsであれば「Zip」を、Macであれば「Tar GZip」を選択しましょう。

ジョブの伝送先

バックアップファイルの保存方法」は、「フォルダーへバックアップ」を選択します。

記事の後半で、追加で「Dropboxにバックアップ」する方法を解説します。

ログファイル

ログファイル」の各項目はすべてそのままでOKです。

念のため、「エラー」の項目にチェックが付いていることを確認してください。エラーが発生した場合にのみログをメールで送信する設定です。

一般」タブの設定は以上です。

「スケジュール」タブの設定方法

ジョブスケジュール

ジョブの開始方法」は、「WordPressのcron」を選択します。自動でバックアップをとる方法です。

実行時間をスケジュール

スケジューラーの種類」は、「基本」を選択します。

スケジューラー」は、「毎週」を選択して、任意の曜日・時間を設定しましょう。アクセスがもっとも少ない曜日・時間帯に設定しておくことをおすすめします。

当ブログは月曜日の深夜4時頃がもっともアクセスが少ないので、毎週月曜日の午前4時5分にバックアップするように設定しました。(4時ちょうどだとデータベースの自動バックアップ時間と重なるので、少し時間をずらして設定しています。)

スケジュール」タブの設定は以上です。

「ファイル」タブの設定方法

ファイル」タブの各項目はすべてそのままでOKです。

「宛先:フォルダー」タブの設定方法

バックアップを格納するフォルダー」は、任意の名前でOKです。私はファイルのバックアップであることが判別できるように「uploads/file_backup/」としました。

ファイルを削除」は、任意の数でOKです。私は「12」としました。これでフォルダ内にファイルが12コ(3ヶ月分のデータ)保存されます。

以上ですべての設定が完了です。

画面下の「変更を保存」ボタンを押しましょう。

これで、サーバー上のデータ(ファイル)が自動でバックアップされるようになりました!

バックアップしたデータはダウンロードできる

さて、設定を保存すると、画面上部に「今すぐ実行」ボタンが出てきますので、さきほどと同様、試しにバックアップをとってみましょう。

サーバー上のデータは画像などが含まれサイズが大きいため、バックアップが完了するまでかなり時間がかかります。

なかなかバックアップが完了しないので不安になりましたが、約23分かかって完了しました。ファイルのサイズによってバックアップにかかる時間は異なりますので、気長に待ちましょう。

バックアップされたデータは「バックアップ」で確認できます。

今後、自動でバックアップされたデータもここ(「バックアップ」)で確認することができます。

プルダウンメニューでファイルのバックアップフォルダ(当ブログの場合“FOLDER:file_backup”)を選択して「先を変更」ボタンをクリックすると、ファイルのバックアップデータが表示されます。

また、任意のファイルにカーソルをあわせると表示される「ダウンロード」ボタンをクリックすると、自分のパソコンにダウンロードできます。

BackWPupで手動でバックアップする方法

BackWPup」>「ジョブ」と進み、バックアップをとりたいジョブにマウスカーソルをあわせて、「今すぐ実行」をクリックすると、好きなときにバックアップをとることができます。

WordPressやテーマのバージョンを更新するなど、サイトやブログに大幅な変更を加えるさいには事前にバックアップをとるようにしましょう。

Dropboxにバックアップを保存する方法

BackWPupでとったバックアップファイルは、Dropbox(ドロップボックス)と連携することで、Dropboxにも保存することができます。

上記で設定したフォルダへのバックアップだけでなく、外部サービスであるDropboxにもバックアップファイルを保存をしておくとより安心です。

ここでは、Dropboxにも保存する方法を紹介します。(Dropboxのアカウントを持っていない方は先に登録を済ませてください。)

「バックアップファイルの保存方法」にDropboxを追加する

さきほど設定した自動バックアップのジョブを編集して、Dropboxにもバックアップファイルを保存するように設定していきます。

BackWPup」>「ジョブ」と進み、データベース上のデータを自動でバックアップするジョブ(当ブログの場合はジョブ名“database_backup”)にマウスカーソルをあわせ、「編集」をクリックします。

一般」タブの「ジョブの伝送先」は、「フォルダーへバックアップ」が選択された状態ですが、追加で「Dropboxにバックアップ」も選択します。

すると、「宛先:Dropbox」タブが新たに出現しますので、設定します。

「宛先:Dropbox」タブの設定方法

Dropboxのアプリ認証コードを取得

Dropboxのアプリ認証コードを取得」ボタンをクリックします。

次の画面が出たら「許可」をクリックします。

認証コードが表示されますので、コピーします。

コピーした認証コードを「Dropboxのアプリへのアクセス」の空欄に貼り付けます。

バックアップ設定

保存先フォルダー」の名前を入力します。私は“/(ブログの名前)_backup/”としました。

ファイルを削除」はデータベース上のデータの場合は「30」としています。

Dropboxを「無料プラン」で利用する場合、容量は2GBまでの制限がありますので、「ファイルを削除」(フォルダー内に保持するファイルの数)は適宜少なく設定する必要があります。

以上で「宛先:Dropbox」タブの設定は完了です。

最後に画面下の「変更を保存」ボタンをクリックしましょう。

BackWPupとDropboxの連携完了

「ログイン」の「認証」の項目に“認証済み!”と表示されていれば、Dropboxとの連携が無事成功していることになります。

BackWPup」>「ジョブ」で「宛先」に「Dropbox」が追加されたことを確認してください。

これで、Dropboxにも自動でバックアップファイルが保存されるようになりました!

同じ手順で、サーバー上のデータ(ファイル)もDropboxに保存されるように設定しましょう。

まとめ

今回は、WordPressのバックアップを自動でとってくれるおすすめプラグイン『BackWPup』の設定方法と使い方を紹介しました。

バックアップはやるべきと思いつつも、私のようにめんどうで後回しにしている方もいらっしゃるかもしれませんが、BackWPupを使えば自動でバックアップをとってくれるので手間がかかりません。

「まだバックアップをしたことがない」「ときどき手動でバックアップをとっているけど面倒だ」といった方は、BackWPupを導入することをおすすめします。

不測の事態が生じて大切に育ててきたサイトやブログのデータが消えてしまってからでは遅いですからね。

スポンサーリンク

良かったらシェアをお願いします!

フォローする