【アメリカ旅行】またねラスベガス!ロサンゼルスの孤独を救うのは吉野家?【12・13日目】

ニューヨーク・ホテル&カジノ2 旅行

アメリカ旅行12日目にラスベガスから再びロサンゼルスに戻りました。

ここまで一緒に旅行をしてきたNとお別れをして、15日目までは独り気の向くままロサンゼルス内を車でアチコチしていました。

 

アメリカ旅行11日目、「これぞラスベガス」だった一日のお話はこちら↓

【アメリカ旅行】これぞラスベガス!カジノとベラージオ噴水ショー【11日目】
アメリカ旅行11日目は、ギャンブラーの聖地ラスベガスでとことんカジノを楽しみます! アメリカ旅行10日目、ラスベガス近郊の大自然、バレー・オブ・ファイヤーを訪れたお話はこちら↓ さて、ラスベガス観光2日目の目玉はこちらです↓...

 

さて、12日目は移動日だったので特に目玉はなく、13日目はNを空港で見送った後はホテルに早めにチェックインして体を休めていたと思います。

なので、特に目玉はないです!

 

アメリカの観光スポットを見たいんだって方は全然読み飛ばしてもらっていいです。笑

 

それでは出発!(?)

 

【12日目】ラスベガスに夢を残してロサンゼルスに帰還

 

ラスベガス最終日1

 

アメリカ旅行12日目はラスベガスからロサンゼルスへ戻ります。

Nが明日ロサンゼルス国際空港から日本へ帰るからです。

 

とはいえ、この日のうちにロサンゼルスに着いていればよいので、夕方まではラスベガスで過ごすことにしました。

 

最後の最後までカジノ

写真を整理してみるとこの日の写真がほぼなかったので、夕方まで何をしていたのかは容易に想像できます。

 

そう、カジノですね。

 

2,000万ゲットしてカリフォルニアに家を買う夢を諦めていなかったわけです。

結果は言わずもがなです。笑

最終的にはいくらか負けちゃったのですが、いや~楽しかったなぁ~・・・。

 

ラスベガスではバレー・オブ・ファイヤー、カジノ、ベラージオの噴水ショーなどを楽しんだわけですが、まだまだやりたいことがあります。

グランド・キャニオンに行くのもそうだし、ミュージカルも観たいし、ベラージオにも泊まってみたいです。

あと、カジノで当ててカリフォルn(以下略)

 

 

さて日も傾いてきたし、ロサンゼルスに向かって車を走らせますか。

来たとき同様、400km超のロングドライブです。

 

Do you have fruits?

そういえば、車でカリフォルニア州に入る際にゲート(?)があって、そこの若い兄ちゃんに「フルーツ持ってる?」って聞かれたことを思い出しました。

「ノー」って答えたらそれでオシマイですぐに道を通してくれたわけですが、あのときは少し驚きましたね。

後で知ったことなのですが、どうやら動植物の検閲所だったようです。

 

 

ブーンと車を走らせること4時間ほど、無事ロサンゼルスに着きました。

今夜はロサンゼルス空港近くのホテルに泊まります。

 

ロサンゼルスホテル1

 

安めのホテルでしたが部屋はやけに広かったっけ。

 

【13日目】Nとの別れ・・・そして救世主「吉野家」

アメリカ旅行13日目の朝はロサンゼルス空港からスタートです。

一足先に日本へ帰国するNを見送ります。

 

Nのおかげで本当に楽しいアメリカ旅行になりました。

独りじゃ不安だし、なにより行く先々で感動を共有できたのが良かったです。

次回のアメリカ旅行はルート66を車で走破してアメリカ横断するのでよろしく!(?)

 

一人旅はつらいよinロサンゼルス

Nと別れた私は孤独な不安を抱えつつ、残りわずかなロサンゼルス滞在の拠点となるホテルへと向かいます。

途中かなり道に迷いながらも、なんとかホテルに到着です。

泊まったホテルは『American Inn and Suites Inglewood』で、ロサンゼルス国際空港の東に位置するイングルウッドという町にあります。

 

ロサンゼルスホテル2

 

ロサンゼルスホテル3

 

かなり安い宿だったと思います。

当時の為替レートで一泊5,000円くらいだったような・・・。

ロサンゼルス郊外にある普通のアパートっぽい外観のホテルで、部屋も殺風景で寂しい感じでした。

独りだからこそチョイスできた部屋ですね。笑

正直ホテル周辺の治安は良くなさそうな雰囲気でしたし。

 

Nと別れ独りぼっちになり、その上この部屋ですから、旅行の疲れの蓄積も相まって元気がなかったような気がします。

 

救世主はYoshinoya

そんな私を救ってくれたのが日本ではおなじみの飲食店です。

 

吉野家

 

吉野家と書いて神と読みます。

ご飯を探しに外へ出て、まったく土地勘のないところで「Yoshinoya(吉野家)」の看板を見つけたときの安心感といったらもうね、すごい。

ホテルから車で3分くらいの場所にありました。

 

でも周りの店とか駐車場とかちょっと雰囲気悪いんですよねやっぱり。
(※単に疲れていてそう感じただけかもしれませんが。)

店内で食べることももちろんできましたが、落ち着いて食べられない感じがしたのでテイクアウトしました。

 

吉野家

4.58ドル(当時のレートで365円くらい)

 

食べなれた味なのに感動です。

アメリカ旅行での食事で一番うまかったんじゃないかな。(思い出が美化されてるだけかも)

 

これで今日はゆっくり休めます。

救世主・吉野家、これからもよろしく。

 

 

2017年2月21日追記

この記事が検索でひっかかるかなーと思って「ロサンゼルス 吉野家」でググッてみたら・・・

↑の吉野家の駐車場で2014年に日本人が事件に巻き込まれているんですね・・・。

私がここを訪れた2年後の出来事です。

治安が悪そうだと感じたのは旅の疲れのせいではなかったわけですね。

事件についてはこちらの記事をご覧ください。

 

アメリカ旅行12日目・13日目のまとめ

アメリカ旅行12日目はラスベガスからロサンゼルスに戻ってきました。

そして13日目はロサンゼルス空港でNを見送って、ホテルでゆっくり休みました。

 

今思い出してもあのとき食べた吉野家の牛丼は本当に美味しかったなぁ。

あのときあの場所で食べたからこそ感じられた味なんだと思います。

 

さて、アメリカ旅行14日目は、ロサンゼルス土産をさがしにハリウッド・ビバリーヒルズに行きます。

 

アメリカ旅行14日目、ロサンゼルス土産さがしのお話はこちら↓

【アメリカ旅行】ロサンゼルスのお土産はスーパーで買うのがおすすめ!エコバッグ最強説【14日目】
ロサンゼルスのお土産はスーパーで買うのがおすすめ!おしゃれなエコバッグからばらまき用のお菓子まで安く手に入りますよ♪トレーダージョーズとホールフーズに行ってきました!
旅行
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント