【アメリカ旅行】日本からカタール経由(?)でアメリカへ【1・2日目】

カタール航空 旅行

 

2012年10月、もうかれこれ4年半くらい前の話なのですが、人生初の海外旅行をしました。

その年の9月にそれまで勤めていた会社を退職したこともあり、時間だけはたっぷりあったので、良い機会だと思って海外旅行してみたわけです。

ちなみに、元同僚Nとの男二人旅です。

 

行き先はアメリカ。

ざっくりとした行程は↓な感じです。

 

ニューヨーク→カリフォルニア→ラスベガス→ヒューストン

 

10月21日から11月7日までの2週間ちょっとの旅行でした。

前から簡単な記録を残しておきたいなと思っていたので、ブログの形で残したいと思います。

旅行好きな方やアメリカ好きな方などに楽しんで読んでもらえたら嬉しいです!

 

アメリカ旅行にあたっての準備

今回のアメリカ旅行ではツアーは利用しませんでした。

計画していたのは、出国と帰国の日にち、アメリカ国内での移動日、最初の宿くらいで、あとは現地でガイドブック片手に行き先を決めました。

 

持ち物も極力少なくして、その年の夏に富士山に登ったときに使ったバックパックひとつで出発です。

本当はパスポートなどの絶対必要なもの以外は持たず、ほぼ手ぶらで行こうかとも考えていました。笑

下着とかの着替えや、その他必要なものは現地調達すればいいですしね。

 

いつか手ぶらで海外旅行してみたいと思っています。

 

いざアメリカへ!とその前に宅建受けて大阪とカタールを経由?

10月21日、いよいよ出発です!

その日のことは今でもよく覚えています。

というのも、宅地建物取引主任者(現・宅地建物取引士)の試験日だったんですね。

昼間に試験を受けて、夕方に自宅を出発して成田空港に向かいました。

 

成田空港

出発予定時刻は21:10。

 

時間に余裕があったため、成田空港の出発ロビーで宅建の解答速報を携帯で見ながら自己採点しました。

合格するかどうか微妙な結果で、持参していた問題冊子を飛行機に乗る直前にゴミ箱に捨てたっけ。笑

後日、合格発表があってボーダーに1点届かず不合格でした!

ちなみに一緒にアメリカ旅行をしたNも試験を受けていたのですが、Nは合格していました。笑

彼はたった2週間の勉強で合格しちゃったので、その裏技的な勉強方法は別の記事で紹介できたらと考えています。

 

成田空港から関西国際空港、そしてドーハ国際空港(カタール)へ

最初の目的地はニューヨークです。

普通であれば太平洋上空を飛ぶ、東回りの航路で行くところです。

 

成田国際空港→ジョン・F・ケネディ国際空港 ですね。

 

しかし私は逆の西回りで行きました。

ちょっとわけあってカタール航空を利用したので、カタールを経由する超遠回りルート↓です。笑

 

成田国際空港→関西国際空港ドーハ国際空港→ジョン・F・ケネディ国際空港

 

成田空港を発ち、関空で乗客をさらに乗せてから、経由地ドーハに向かいます。

乗った飛行機がこちら↓

 

カタール航空

 

すんごいカッコイイ!

 

カタール航空の機体は色が独特で良い感じです。

乗客も思っていたより多くて、関空でさらに乗客を乗せたらほぼ満席でした。

ほとんどの乗客はヨーロッパへの観光客だと思われます。

ドーハ経由が安いんでしょうね。

 

ちなみに、ニューヨークに行くならドーハを経由するより直行便で行ったほうが断然安いし時間もかかりません。笑

 

ドーハ国際空港からジョン・F・ケネディ国際空港へ

ドーハ国際空港でニューヨーク行きの便に乗り換えます。

乗り換えの便の出発まで3時間くらいドーハ空港で待機していたと記憶しています。

 

ドーハからニューヨークへ行く便には、日本人らしき人は乗っていませんでした。

日本からドーハまで一緒に乗ってきた人たちは、みなどこかヨーロッパの国に向かったのでしょうかね。

 

結局、成田からニューヨークまで30時間以上かかりました。笑

直行便ならその1/3くらいの時間ですよね。

 

機内食も5回くらい食べまして写真も撮ったのですが、あまりキレイに撮れていなかったという残念っぷりです。

なんとなくの雰囲気をお伝えするために、マシな写真を1枚だけ載せておきます。

機内食

パンみたいなのと、オムレツっぽいのと、ソーセージとフルーツ・・・あとデザートかな?

けっこう美味しかった!

 

ケネディ国際空港について、入国審査を受けていよいよアメリカ入国です。

指紋採取されたり顔写真撮られたりで、なんだかドキドキしました。

でも一番ドキドキしたのは英語で旅行目的などを聴かれたときですね。

「観光」って英語でなんていうんだ??って。笑

どう答えたのか記憶が飛んでますが、無事入国できました!

 

アメリカ入国!~地下鉄で最初の宿へ~

Nと合流

30数時間かけてアメリカに到着したわけですが、最初の関門はNとちゃんと合流できるかということでした。

 

日本から一緒の飛行機で来たんじゃないの??って話ですが、別々なんですね。

 

私は上で書いたように地球を西回りでカタールを経由して飛んできたわけですが、Nは普通に成田空港からの直行便で飛んできたのです。

日本でのお互いの住まいは徒歩3分圏内というご近所さんだというのに、まさかのアメリカ現地集合という離れ業(?)をやったわけです。

 

まー結果的には先に到着していたNが到着ロビーで待っていてくれたので、わりとすんなり合流できたのですが、どちらかが何かしらトラブって合流できなかったらどうしていたんでしょうかね。

Nはスマホを持ってきていましたが、私が持ってきていたのはPSPですからね。笑

 

エア・トレインと地下鉄でニューヨーク市内へ

さて、無事Nと合流しまして、次はニューヨーク市内の宿に向かいます。

 

電車に乗る前のことですが、現地の人に初めて声を掛けられました!(入国審査官と話しましたがそれはノーカンで)

おばあさんでした。

英語にまったく自信のない私ですが、おばあさんから掛けられた言葉はハッキリと聴き取れました。

 

Give me money.

 

軽くショックを受けましたね。

空港という人が大勢行き交う場所でこんなことあるんだって。

無視して通り過ぎましたけど。

 

話を戻して・・・

ケネディ国際空港からマンハッタンまでは、エア・トレインと地下鉄を乗り継いで1時間半くらいだったかなぁ。

ニューヨークの地下鉄は日本のそれと違って座席がプラスチック的な素材で硬かったです。

 

そして何とか宿の最寄の駅に到着↓

地下鉄

 

アメリカ旅行最初のお宿は『the VILLAGEHOUSE(ビレッジハウス)』という日本人が経営している短期アパートです。

ビレッジハウスにはいくつか建物があるのですが、その中でもっとも格安な「チェルシー29」を利用しました。

建物の外観はこんな感じです↓

チェルシー29

 

そして入口↓

チェルシー29入口

 

いい感じですよね?笑

決して綺麗とは言えませんが、1泊65ドル(だったかな?)で完全個室の部屋でしたし、ちょっと廃れた感じが「ニューヨーク!」って雰囲気だったので私は好きでした。
(※完全に私個人の感覚です。笑)

あ、ネット環境は不安定だったかな。

 

宿のスタッフ(日本人)に宿泊費を前払いして、チェックインです。

その際、チップを渡しました。

初チップです。

ちょっと興奮しましたよね。笑

 

この宿にはニューヨークに滞在した4日間、ずっとお世話になりました。

立地も悪くなかったと思います。

 

 

ニューヨーク滞在初日は、宿の近所をぶらぶらして見つけたお店で晩御飯を食べて、スーパーで買い物をして終わりです。

晩御飯を食べたお店ではハンバーガーのセットを頼んだのですが、ポテトの量がすさまじくて食べるのに苦労しました。笑

「軽く済ませようか~」って話してハンバーガーをチョイスしたんですけどね!

頼んでもいないのにポテトのおかわりサービスしてくれるし、コーラはびっくりするくらいでっかいし、初っ端からアメリカ感満載ですよ。

結局ポテトはお持ち帰りさせてもらいました。

 

そしてスーパーでは商品のサイズ感に驚いたものです。

全部イチイチでかいんですよね!

あと、色が全体的に派手。笑

 

とにかく見るものすべてが新鮮に感じたニューヨーク初日でした。

アメリカ旅行はまだ始まったばかり。

ニューヨーク2日目からは精力的に動きますよ!

 

つづく・・・

 

↑ニューヨーク滞在中にお世話になっていたガイドブックです。

観光地の情報はもちろん、旅行の準備についての情報もあって助かりました。

一番ありがたかったのは、ニューヨークの地図と地下鉄の路線図ですね。

旅行
スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ
queseraselifeをフォローする
けせらせライフ

コメント