関連コンテンツユニットのアドセンス広告で収益アップ!条件は15,000PV&100記事?

良かったらシェアをお願いします!

アドセンス_関連コンテンツユニット

関連コンテンツユニットは、サイトやブログ内のコンテンツを宣伝できる、Googleアドセンスが提供する無料サービスです。

上の画像は当ブログで各記事の下に設置している関連コンテンツユニットです。

ブログ内のほかの記事を紹介するとともに、アドセンス広告を表示することができます。赤枠のところがアドセンス広告で、「広告」と標記されています。

今回は、関連コンテンツユニットのメリットや利用するための条件、設置の仕方について解説したいと思います。

スポンサーリンク

関連コンテンツユニットのメリットはPV・滞在時間・収益の増加

関連コンテンツユニットには次のようなメリットがあります。

  1. PV(ページビュー)の増加
  2. 訪問者のリピート回数の向上
  3. 広告の表示回数と収益の増加 

さらに詳しい説明がAdSenseのヘルプページに書かれています。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が9%、滞在時間が10%向上します。

出典:AdSenseヘルプページ

以上のように、関連コンテンツユニットはPVの増加と収益の増加が見込めるステキなサービスなので、Googleアドセンスで収益を得ている方は是非とも導入したいものだったりします。

関連コンテンツユニットを表示する条件は2段階

メリットしかない関連コンテンツユニットですが、利用するには条件があります。

関連コンテンツユニットを利用するには、サイトのトラフィック量ページ数の最低要件を満たしている必要があります。

出典:AdSenseヘルプページ

「トラフィック量」はPV数、「ページ数」は記事数だと考えてもらうとわかりやすいかもしれません。

両者が具体的にどれくらいあれば条件を満たすのかについては残念ながら示されていませんが、ざっくり言えばサイトを訪れるユーザーが多くて、サイト内のコンテンツ量もそこそこ豊富である必要があるわけです。

はじめは関連コンテンツにアドセンス広告が表示されない

関連コンテンツユニットのメリットのひとつに「広告の表示回数と収益の増加」があります。

サイトによっては、おすすめの関連コンテンツの間に広告を表示することができます。こうすることで、サイトの収益化をさらに促進できます。

出典:AdSenseヘルプページ

しかし、「サイトによっては」とあるように、関連コンテンツユニットが使えるようになっても、はじめは関連コンテンツユニットに広告を表示することができません

実際、当ブログでも下の画像のように、はじめは関連コンテンツユニットの間に広告は表示されませんでした。

adsense_関連コンテンツ_03

【参考】当ブログの関連コンテンツに広告が表示された条件

参考までに、当ブログで関連コンテンツユニットが利用できるようになり、さらに広告が表示できるようになったときの状況を紹介しておきます。

関連コンテンツユニット(広告なし)が利用可能になったときの条件

当ブログで関連コンテンツユニット(広告なし)が利用可能になったときのPV数(直近の30日間)と記事数は次のとおりです。

PV数 13,500
記事数 103

関連コンテンツユニット(広告なし)が利用できる条件は10,000PV&100記事くらいなのかなーと推測します。

久しぶりにGoogleアドセンスの管理画面にログインしたら、関連コンテンツユニットが使えるようになっていたのでテンションがあがりました(笑)

adsense_関連コンテンツ_02

そしてまだ広告が表示できないことに気づいてテンションが下がりました(笑)

adsense_関連コンテンツ_03

関連コンテンツユニット(広告あり)が利用可能になったときの条件

当ブログで関連コンテンツユニット(広告あり)が利用可能になったときのPV数(直近の30日間)と記事数は次のとおりです。

PV数 15,900
記事数 110

関連コンテンツユニット(広告あり)が利用できる条件は15,000PV&100記事くらいなのかなーと推測します。

関連コンテンツユニット(広告なし)から関連コンテンツユニット(広告あり)になるまで、かかった期間はたったの1ヶ月でした。「30,000PV必要」みたいなブログ記事を見たことがあり、広告が表示されるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだなと思っていたので驚きました。

Googleアドセンスの管理画面にログインしたら、「関連コンテンツユニットをカスタマイズしましょう」という案内(?)が出てきました。

adsense_関連コンテンツ_06

これはもしかすると・・・と思って関連コンテンツユニットの編集画面に行くと、「広告オプション」が新たに追加されていて、広告で収益化(広告の表示)ができるようになっていました!

adsense_関連コンテンツ_07

関連コンテンツユニットにアドセンス広告が表示されるようになりました~♪

adsense_関連コンテンツ_05

関連コンテンツユニットの表示条件はPV数と記事数だけではない!

当ブログでは15,000PV&100記事で関連コンテンツユニット(広告あり)が利用できるようになりました。

これだけ見ると、単純にPV数と記事数が一定量を超えたら条件を満たすのかと思ってしまいますが、実はそうではなさそうです。

というのも、私はこのブログのほかにもいくつかブログやサイトを運営していて、中には56,000PV&280記事(運営歴5年)のブログもあるのですが、そちらでは関連コンテンツユニットが利用できないのです。広告なしですら使えません。

なので、単純にPV数と記事数が条件なのではなく、ほかにブログやサイトの収益性も判断材料なのかなと推測しています。具体的には「ページRPM」(1,000PV当たりの収益)や「CPC」(1クリック当たりの収益)などです。

参考までに当ブログ(①)と上記の関連コンテンツが使えないブログ(②)のページRPMとCPC(直近30日間)を比較すると次のようになります。

ページRPM ¥400 ¥200
CPC ¥30 ¥10

収益性にかなりの差があることがわかります。

関連コンテンツユニットを表示する設定方法~Simplicity2~

次に、関連コンテンツユニットをブログやサイトに表示(設置)する方法を紹介します。

当ブログはWordPressの無料テーマ「Simplicity2」を使っていますので、Simplicity2を使っている方は参考にしてください。

アドセンス管理画面で広告ユニット作ってコピペ!

表示方法はとても簡単です。

  1. 広告ユニット作成 
  2. コードをコピペ

詳しく解説していきましょう!

(1)アドセンスの管理画面で広告ユニットを作成

Google AdSense(グーグルアドセンス)にログインして、「広告の設定」>「広告ユニット」と進み、「+新しい広告ユニット」をクリックします。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_01

関連コンテンツ」の「選択」をクリック。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_02

広告ユニットを編集します。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_03

  • 広告ユニット名
    →任意の名前でOK
  • 広告オプション(条件を満たした場合のみ)
    →広告表示するならスイッチを青に
  • スタイル
    →そのままでOK
  • サイズ
    →そのまま(レスポンシブ)でOK

上記の設定が済んだら画面右下にある「保存してコードを取得」をクリックします。

コードが表示されますので、コピーしましょう。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_04

(2)WordPress管理画面でウィジェットにコピペ

続いてWordPress管理画面を開きます。

「外観」>「ウィジェット」と進み、「テキスト」の中から関連コンテンツユニットを設置したい場所を選んで「ウィジェットを追加」をクリックします。当ブログでは各記事の下に設置してある「投稿SNSボタン下」に関連コンテンツを表示することにしました。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_05

追加したウィジェットのテキストボックスに、(1)の最後にコピーした関連コンテンツユニットのコードを貼り付けて、「保存」をクリックします。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_06

以上で関連コンテンツユニットの設置が完了です!

ちゃんと表示されているか確認してみましょう。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_07

当ブログの設定の場合は、記事下のSNSボタンの下に関連コンテンツユニットが表示されるようになりました。

(「広告オプション」で広告を表示するようにしていても、実際に広告が表示されるまでには少し時間がかかります。)

【参考】「関連記事の表示」をオフにしました

これまで記事の下に関連記事が表示されるように設定していましたが、今回アドセンスの関連コンテンツユニットを設置することによってこちらでも関連記事が表示されるようになりましたので、もともと設定していた方を表示しないようにしました。

WordPress管理画面のメニューで、「外観」>「カスタマイズ」>「レイアウト(投稿・固定ページ)」と進みます。

「関連記事の表示」のチェックをはずします。

アドセンス_関連コンテンツユニット_設定方法_08

これで関連記事が重複して表示されなくなり、スッキリしたと思います。

関連コンテンツユニットにアドセンス広告を表示したら収益が増加

アドセンスの関連コンテンツユニットに広告を表示しはじめてからまだ期間があまり経っていませんが、クリック数が増加して収益が増加しています。

具体的な増加率はもう少し期間が経ってから紹介したいと思います。

Googleアドセンス「関連コンテンツユニット」まとめ

今回は、Googleアドセンスの「関連コンテンツユニット」に関して、メリットや利用するための条件、設置の仕方について紹介しました。

ざっとおさらいしましょう。

関連コンテンツユニットには次のようなメリットがあります。

  1. PV(ページビュー)の増加
  2. 訪問者のリピート回数の向上
  3. 広告の表示回数と収益の増加 

また、関連コンテンツユニットを利用するには、サイトのトラフィック量(PV数)とページ数(記事数)の最低要件を満たしている必要があります。

関連コンテンツユニットで広告を表示できる条件は、(あくまでも推測ですが)15,000PV&100記事くらいが目安かなと思われます。ただし、収益性など、PV数や記事数以外の要素も条件になっていそうです。

そして、関連コンテンツユニットをブログやサイトに設置する方法は次の2ステップです(Simplicity2の場合)。

  1. 広告ユニット作成 
  2. コードをコピペ

さいごに、関連コンテンツユニットを導入することによって、広告のクリック数が増加して収益が増加しますが、当ブログでの具体的な増加率などについては追って報告したいと思います。

おさらいは以上です。

アドセンスで関連コンテンツユニットが利用できるようになったら、ぜひ設置してみることをおすすめします!

また、「うちのブログ(サイト)の場合は○○PV&○○記事で利用できるようになったよ」っていう体験談を教えてもらえたら嬉しいです。

それではまた~

スポンサーリンク

良かったらシェアをお願いします!

フォローする